直近のセミナー

2017年度エポキシ研修セミナー

趣旨   エポキシを素材として用いる企業は多いが、配合設計技術者には、反応系の選定や複合化などの 幅広い設計能力が求められます。入社、もしくは、設計に関わられて3年目前後のエポキシ設計技 術者を対象に、組成、反応、構造、などの因子相互関係を、講義、研修を通じて理解する機会を提 供します。なお、実習では安全の為に参加者の傷害保険に加入致します。 ※Aコースは定員になり締め切りましたので、Bコースのみの申込受付となります。 プログラムの概要... →続きはこちら

  • ■2018年3月13日(火)、14日(水)、15日(木)、16日(金)(16日は実習のみ)
  • ■実習:関西大学 化学生命工学部化学・物質工学科原田研究室
        (〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35)
    ■講義:大阪市立大学 文化交流センター
        (〒530-0001 大阪市北区梅田1-2-2-600大阪駅前第2ビル6階)

    ※Aコースは定員になり締め切りましたので、Bコースのみの申込受付となります。

日本接着学会誌論文投稿についてのお知らせ

〈論文掲載料金無料化について〉

日本接着学会誌の論文掲載料金は2017年4月1日をもって無料となりました。奮ってご投稿下さい。

〈特集号への論文掲載について〉

当学会誌では毎年5月号・11月号を特集号として、各テーマに基づいて総説を掲載しております。
今後は、特集号のテーマに関連する論文の投稿も募集します。特集号への論文掲載を希望される場合、論文題目、著者名、連絡先、論文要旨を事前に事務局までご連絡下さい。なお、通常号の論文と同様に、審査が行われます。
ご投稿にお待ちしております。
・Vol.53,No.11(2017) 特集「エポキシの新展開」(2017年7月末日締切)

・Vol.54,No.5(2018) 特集「異種材料接着」(2018年1月末日締切)

※投稿規定,原稿執筆の手引きは「刊行物紹介」画面に掲載されています。投稿に当たってはご一読下さい。

「接着の技術誌」製品紹介記事の掲載に関するお知らせ

「接着の技術誌」特集号は、特定テーマの総説・解説を集め、その技術的な内容を紹介しておりましたが、今年度より特定テーマに加え、会員の皆様のご要望にお応えし、製品紹介(学術上・技術上・産業上の発展に寄与する研究開発技術およびその製品を速やかに公開したい等)原稿を随時募集し、掲載いたします。奮ってご応募下さい。
お問合わせ:
https://www.adhesion.or.jp/contact/

AS Call for Abstracts 6-2-17


事務所移転のお知らせ

セミナーカレンダー

  • 本部
  • 東北支部
  • 関東支部
  • 中部支部
  • 関西支部
  • 構造接着研究会
  • 粘着研究会
  • 次世代接着材料研究会
  • 接着界面科学研究会
2018年2月
    123
     平成29年度 
       
45678910
       
       
11121314151617
       
       
1819202122
23
24
     
 
 
     
 
 
25262728   
       
       
2018年3月
    123
       
       
45678910
     粘着研究会第 
       
11121314151617
 接着界面科学2017年度2017年度2017年度2017年度 
   2017年度   
18192021222324
       
       
25262728293031
  「ポリウレタ「ポリウレタ