直近のセミナー

粘接着剤と難燃技術セミナー

 ポリマーの難燃技術は、住宅、家電などの分野を中心に広く普及しており、既に完成された技術 であると思われています。一方でポリマーの難燃技術は、難燃の理論的取扱が難しいのでこれまで 大学で系統的かつ継続的に研究されておらず、さらに古い技術との認識で企業の中でも開発の継続的 ではないため、技術伝承が十分に行われていません。  一方、自動車分野ではHEVやEVの進展でモーターや電池の電装部品の難燃化、電車などの車両の... →続きはこちら

  • ■2018年8月23日(木)10:00~16:45
  • ■大崎ゲートシティ ルームB
    東京都品川区大崎1-11-1(大崎駅南改札口から徒歩1分) 
    http://www.gatecity.jp/access/

日本接着学会誌論文投稿についてのお知らせ

〈論文掲載料金無料化について〉

日本接着学会誌の論文掲載料金は2017年4月1日をもって無料となりました。奮ってご投稿下さい。

〈特集号への論文掲載について〉

当学会誌では毎年5月号・11月号を特集号として、各テーマに基づいて総説を掲載しております。
今後は、特集号のテーマに関連する論文の投稿も募集します。特集号への論文掲載を希望される場合、論文題目、著者名、連絡先、論文要旨を事前に事務局までご連絡下さい。なお、通常号の論文と同様に、審査が行われます。
ご投稿にお待ちしております。
・Vol.53,No.11(2017) 特集「エポキシの新展開」(2017年7月末日締切)

・Vol.54,No.5(2018) 特集「異種材料接着」(2018年1月末日締切)

※投稿規定,原稿執筆の手引きは「刊行物紹介」画面に掲載されています。投稿に当たってはご一読下さい。

「接着の技術誌」製品紹介記事の掲載に関するお知らせ

「接着の技術誌」特集号は、特定テーマの総説・解説を集め、その技術的な内容を紹介しておりましたが、今年度より特定テーマに加え、会員の皆様のご要望にお応えし、製品紹介(学術上・技術上・産業上の発展に寄与する研究開発技術およびその製品を速やかに公開したい等)原稿を随時募集し、掲載いたします。奮ってご応募下さい。
お問合わせ:
https://www.adhesion.or.jp/contact/

AS Call for Abstracts 6-2-17


事務所移転のお知らせ

セミナーカレンダー

  • 本部
  • 東北支部
  • 関東支部
  • 中部支部
  • 関西支部
  • 構造接着研究会
  • 粘着研究会
  • 次世代接着材料研究会
  • 接着界面科学研究会
2018年7月
1234567
       
       
891011121314
       
       
15161718192021
       
       
22
232425262728
 
関東支部月例     
 
      
293031    
  関西接着ワー    
       
2018年8月
   1234
       
       
567891011
       
       
12131415161718
       
       
19202122232425
  2018年度 粘接着剤と難構造接着研究 
    第13回 関  
262728293031