刊行物紹介

日本接着学会誌(定期刊行物)

毎月発行されている定期刊行物です。
The Journal of Adhesion(アメリカ)と相互交流により、本誌の論文テーマ・アブストラクト、また、本文についても相互掲載が可能になっております。本誌の内容水準は国内もさることながら海外での評価は大きいものがあります。

最新号目次 Vol.53 No.3 2017

総合論文 異種高分子間の界面構造とその形成過程および接着性に関する研究 扇澤 敏明、三島 友紀、飯倉 寛晃
研究論文 炭素繊維強化アクリル樹脂複合材料の曲げ疲労特性 桑城 志帆、中尾 臨、松田 聡、岸 肇
総 説 木材の流動成形のための含浸処理技術 田中 聡一
Connecting Technology with UV-High Performance and UV-Curable PSA in Electrical/Electronic Industry Hyun-Joong KIM
解 説 19. 木材・木質材料と接着  
(5)早生樹を用いた木質材料開発 村田 功二
学位論文紹介 高分子薄膜ならびに有機ナノ結晶の構造科学的研究 岩佐 真行
トピックス 関西大学創立130周年記念事業の紹介 三田 文雄
会告・学会報告    
Comprehensive Paper Studies on Interfacial Structure and Adhesion between Different Polymers, and Its Formation Process Toshiaki OUGIZAWA, Yuki MISHIMA, Hiroaki IIKURA
Original Paper Bending Fatigue Resistance of Carbon Fiber Reinforced Thermoplastic Acrylic Resin Shiho KUWASHIRO, Nozomu NAKAO, Satoshi MATSUDA, Hajime KISHI
Review Impregnation Techniques for Wood Flow Forming Soichi TANAKA
Connecting Technology with UV-High Performance and UV-Curable PSA in Electrical/Electronic Industry Hyun-Joong KIM
19. Adhesion of wood and wood-based materials
(5)Development of Wood-based Material Using Fast Growing Trees Koji MURATA
Introductory Article - Doctoral Thesis Masayuki IWASA
Topics Fumio SANDA

接着の技術誌(季刊誌・年4回)

四季刊です。(年4冊発行)
接着剤・粘着剤・シーリング材などの応用技術を取り上げ、ユーザーやメーカーの営業関係の方々にも読んで頂くよう編集され好評を頂いております。

最新刊目次 Vol.36 No.4 (2017)

特集:耐候性・劣化

1.1 ゴム・プラスチックの疲労劣化
1.2 ゴム・プラスチックの水劣化と耐候性試験時の促進性の関係
大武 義人(化学物質評価研究機構)
2.高分子の光劣化 白井 正充(大阪府立大学名誉教授)
3.アクリル系、及びウレタン系粘着剤の劣化 綱島 啓次(DIC㈱)
4.アクリルシリコン系樹脂の密着性と耐候性(コーティング) 松尾 陽一(㈱カネカ)
5.高分子材料の劣化機構および光安定化技術 綾部 敬士、山下 賢治(㈱ADEKA)
6.建築用シーリング材の劣化挙動とその対策 木村 和資(横浜ゴム㈱)

接着ハンドブック(第4版) 日本接着学会編、日刊工業新聞社発行
新しい機能性高分子の分子設計 日本接着学会編、株式会社 シーエムシー発行
接着剤データブック-第2版- 日本接着学会編、日刊工業新聞社発行
初心者のための接着技術読本 日本接着学会編、日刊工業新聞社発行
プロをめざす人のための接着技術教本 日本接着学会編、日刊工業新聞社発行

刊行物紹介

日本接着学会誌への投稿