2016年度(平成28年)の年次大会を東京工業大学大岡山キャンパスにて開催いたします。今回は、ACA(Asian Conference on Adhesion)2016と併催とし、参加登録された方は両方に出席できます。中国、韓国だけでなく、アジアの他の国からの参加も歓迎します。発表については、「口頭発表(英語)」、「口頭発表(日本語)」、「ポスター発表(英語)」の募集を行ないますので、皆様の積極的なご参加をお願い申し上げます。
会場は、東急大岡山駅(目黒線あるいは大井町線)前にあり交通至便です。

会 期 2016年6月16日(木)・17日(金)・18日(土)
会 場 東京工業大学大岡山キャンパス蔵前会館(東京都目黒区大岡山2-12-1)
発表申し込み締め切り 2016年2月1日(月)必着 ※参加申し込みは締め切りました。
執筆要領ダウンロード 申込者は執筆要領をこちらからダウンロードして下さい。ワードファイルPDFファイル
講演要旨締切 2016年4月1日(金)17:00まで。厳守願います。

〇口頭発表(英語):口頭発表18分,討論6分(交代時間1分を含む)
(発表件数により変更となる場合があります)
〇口頭発表(日本語):口頭発表13分,討論7分(交代時間1分を含む)
〇ポスター発表(英語): 今回はポスタープレビューを行いません。

会員の方は、年次大会またはACA(英語発表)より発表申し込みが出来ます。
非会員の方はACAより発表申し込みが出来ます。
(会場の都合で発表件数に制限がありますので、採否については運営委員会より連絡します。)

発表の内容:接着に関連する全ての研究

(a)Fundamental aspects of adhesion
    (接着と粘着の基礎)
(b)Surface and interface
    (表面・界面の科学と技術)
(c)Analysis of adhesives
    (接着剤の解析)
(d)Chemistry of adhesives (接着剤の化学) (e)Mechanical & physical properties of adhesives
    (接着剤の物性)
(f)Processing and Rheology of adhesives
    (接着剤の加工とレオロジー)
(g)Medical and biological aspects of adhesives
    (医療用接着剤・生体模倣接着剤)
(h)Eco and environmental aspects of adhesives
    (環境調和型接着剤)
(i)Nanostructure of adhesives
    (接着剤のナノ構造)
(j) Industrial challenges
    (工業展開)

主 催

一般社団法人日本接着学会

共催・協賛(予定)

韓国、中国・北京および台湾の接着学会
応用物理学会,強化プラスチック協会,近畿化学協会,高分子学会,溶接学会,自動車技術会, 繊維学会,精密工学会,電気学会,日本電子材料技術協会,土木学会,日本化学会,日本機械学会, 日本建築学会,日本航空宇宙学会,日本ゴム協会,日本材料学会,日本バイオマテリアル学会,日本複合 材料学会,日本木材学会,日本木材加工技術協会,日本レオロジー学会,日本セラミックス協会, 色材協会,日本包装技術協会,プラスチック成形加工学会,日本信頼性学会、(順不同)