年会・セミナー情報 詳細

2016年度エポキシ研修セミナー

趣旨 
 エポキシを素材として用いる企業は多いが、配合設計技術者には、反応系の選定や複合化などの
幅広い設計能力が求められます。入社、もしくは、設計に関わられて3年目前後のエポキシ設計技
術者を対象に、組成、反応、構造、などの因子相互関係を、講義、研修を通じて理解する機会を提
供します。なお、実習では安全の為に参加者の傷害保険に加入致します。

プログラムの概要
     1.実技4日間と講義 原田研の修士学生による指導
     2.エポキシの基礎論、反応、構造、物性の相関に関する講義3日間
対 象 者  日本接着学会会員、企業においてエポキシ設計の実務経験(3年前後)のあるもの。
       (これまでにエポキシ樹脂系でかぶれた方はご遠慮下さい)
募集人数 Bコース:講義のみ 25名、Aコース:実習+講義 6名(※Aコースは定員になり受付終了。Bコースは受付中)

プログラム
【Bコース】講義のみ(受付中)
1日目(3月27日18時~20時) 「エポキシ樹脂の基礎」  関西大学 越智 光一氏
2日目(3月28日18時~20時) 「プラスチックの破壊力学とエポキシ樹脂強靱化・耐疲労性」
                            兵庫県立大学大学院 岸 肇氏
3日目(3月29日18時~20時) 「フィラー設計」      大阪工業大学 中村 吉伸氏

【Aコース】実習+講義(※定員になり受付終了)
1日目(3月27日14時~17時)
1.実験前、安全教育               関西大学 原田 美由紀氏
 2.実験施設見学
 3.実験準備
 4.講義(18~20時) 「エポキシ樹脂の基礎」 関西大学 越智 光一氏
2日目(3月28日 10時~17時)
 1.ガラス板注型による硬化物サンプル調製
 2.エポキシ/アミン硬化系のFT-IRによる硬化追跡
 3.硬化物のFT-IR測定
 4.講義(18~20時)「プラスチックの破壊力学とエポキシ樹脂強靱化・耐疲労性」 
                    兵庫県立大学大学院 岸 肇氏
3日目(3月29日 10時~17時)
 1.物理物性測定(粘弾性、機械物性の評価)
 2.講義(18~20時) 「フィラー設計」 大阪工業大学 中村 吉伸氏
4日目(3月30日 10時~16時)
 1.実験結果のまとめ
 2.結果の考察、振り返り

参 加 費  【Bコース】40,000円(3日間受講・消費税含)受付中
      【Aコース】80,000円(4日間受講・消費税含)※定員になり受付終了
      
申込締切日 2017年3月13日(月)定員になり次第、締め切らせて頂きます。(※Aコースは締切ました)
申込方法  当会ホームページ、セミナー情報からお申込み下さい。また、備考欄にAコース
      もしくはBコースの希望コースを記載下さい。
      http://www.adhesion.or.jp/
入金方法  参加費は、下記銀行にお振込下さい。
      銀行振込は 三菱東京UFJ銀行難波支店
            口座番号 普通3790895
            口座名義 日本接着学会事業委員会
      *振込手数料につきましては、貴社にてご負担下さいますようお願いいたします。
      *一度入金された参加費は返金致しかねますので、あらかじめご了承ください。
参加証について
      ご入金確認後、参加者本人宛にお送りいたします。
      なお、領収書は振込受領書をもってかえさせて頂きます。

連 絡 先 〒556-0011 大阪市浪速区難波中3丁目9-1(難波ビルディング407)
     一般社団法人日本接着学会 セミナー係
      TEL 06-6634-8866  FAX 06-6634-8867  E-mail: info-hnb@adhesion.or.jp

日 時 2017年3月27日(月)、28日(火)、29日(水)、30日(木)(30日は実習のみ)
会 場 実習:関西大学 化学生命工学部化学・物質工学科原田研究室
    (〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35)
講義:大阪市立大学 文化交流センター
    (〒530-0001 大阪市北区梅田1-2-2-600大阪駅前第2ビル6階)

セミナー情報