年会・セミナー情報 詳細

「接着剤の耐候性・劣化」セミナー

接着剤は,近年多くの分野で用いられています。接着剤の主成分は言うまでもなくポリマーで
光、熱、酸素などにより結合が切れ特性が変化してしまいます。従って、接着剤の耐久性(寿命)
は,室内では温度・湿度・酸素等が,屋外ではさらに雨水や日光(熱や紫外線)が影響し,劣化が
進行することで低下しています。そのため,接着剤を設計・開発・製造する企業においては,
接着剤を耐候性試験機等で高温多湿条件下に置き,接着剤の凝集破壊,接着剤と被着体界面破壊
を観測・観察することで,その劣化の原因を調査・探究していますが,耐久性を正確に把握する事
は困難です。
本講演では「耐候性・劣化」をキーワードに,各分野のご専門の先生方による劣化に伴う反応を,
またゴム,アクリル,ウレタン等の劣化機構や耐候性について講演を企画致しました。

プログラム
10:00~11:30 ゴム・プラスチックの疲労劣化と水劣化
              (一財)化学物質評価研究機構 大武 義人 氏
11:30~12:30 建築用シーリング材の耐候性、劣化挙動
                       横浜ゴム㈱ 木村 和資 氏
12:30~13:30 昼食
13:30~14:30 アクリルシリコン系樹脂の密着性と耐候性(コーティング)
                        ㈱カネカ 松尾 陽一 氏
14:30~14:40 休憩
14:40~15:40 高分子材料の劣化機構および光安定化技術
                        ㈱ADEKA 山下 賢治 氏
15:40~16:40 高分子の光劣化のメカニズム    
                      大阪府立大学 白井 正充 氏

参 加 費 当会正会員は無論のこと、法人会員企業に所属されている方は全て会員参加費としてお取り扱い致します。
       会   員 20,000円(消費税含)
       非 会 員 40,000円(消費税含)
       優待券使用 10,000円(消費税含)
       (優待券ご利用の場合は、別途事務局まで優待券を郵送して下さい。
        優待券は法人会員にすでに配布しております)
     注・上記参加費には、講演要旨集1冊代(「接着の技術」Vol.36 No.4)を含みます。
      ・講師、その他やむを得ない事情が起きた場合は、プログラムに一部変更があるかも知れません
       ので、あらかじめお含みおき下さい。

申込締切日 平成29年10月11日(水)

申込方法  下記「セミナー申し込みフォームはこちら」からお申し込み下さい。

入金方法  参加費は、現金書留または銀行にお振込下さい。
      銀行振込は 三菱東京UFJ銀行難波支店
            口座番号 普通3790895
            口座名義 日本接着学会事業委員会
     *振込手数料につきましては、貴社にてご負担下さいますようお願いいたします。
     *一度入金された参加費は返金致しかねますので、あらかじめご了承ください。

参加証について
     ご入金確認後、参加者本人宛にお送りいたします。
     従って、お申込みおよびご送金が申込締切日以降で開催日が迫っている場合は
     参加証が届かない場合がありますので、参加受付番号を事務局まで事前にお問い
     合わせください。なお、領収書は振込受領書をもってかえさせて頂きます。

連 絡 先 一般社団法人日本接着学会 セミナー係
     〒556-0011 大阪市浪速区難波中3丁目9-1難波ビルディング407号
      TEL:06-6634-8866  FAX:06-6634-8867 E-mail:info-hnb@adhesion.or.jp

日 時 2017年10月13日(金)
会 場 名古屋市工業研究所 視聴覚室
〒456-0058 名古屋市熱田区六番3丁目4-41 TEL 052-661-3161
(地下鉄名港線 六番町駅下車)

セミナー情報