年会・セミナー情報 詳細

日韓親善学術講演会2013-高分子、繊維、接着

東北・北海道地区の研究者、一般企業の研究者、国内外の第一線研究者を招いて、「高分子・繊維・接着ほか」に関する最前線の研究成果の講演会を行い、聴講者に高分子関連分野の魅力を感じさせたい。また、日韓親善、参加研究者間の交流をはかる。大学の研究者の講演のみでなく、産業界で活躍中の方々の生の声を聞くことができます。

1)平井 利博 (信州大名誉教授・繊維学会会長)「繊維系誘電高分子の新たな機能開発についてー電場応答柔軟材料としての可能性」
2)任 承淳(韓国・漢陽大学教授)「Bio-based polyester with isosorbide"」「イソソルビド含有バイオ由来のポリエステル」
3)鞠谷雄士(東工大大学院教授・繊維学会副会長)「溶融紡糸法による光学機能繊維の創製」
4)Hyun-Joong Kim(ソウル大学教授)「Fabrication and Applications of Nano-Cellulose」(ナノセルロースの繊維化と応用)
5)「東北・北海道地区の研究紹介」
(1)正田晋一郎(東北大教授・繊維学会東北・北海道支部長):水中における最短グリコシル化プロセスを目指して
(2)岡田修司(山形大教授):電気光学素子への応用を目指した極性高分子材料の作製
(3)松葉 豪(山形大准教授):グリーンマテリアル高分子の結晶構造と機能高分子材料の作製
(4)佐藤力哉(山形大准教授):種々の熱応答性ポリマーの合成と応用
(5)倉本憲幸(山形大教授):高導電性ポリアニリンの合成と応用
(6)金澤 等(福島大教授・接着学会東北支部長):接着剤を使わないで接着する技術
(7)その他:参加教官による話が加わります(支部以外もあります)。
6)産業界からの講演
(1)森重地加男(東洋紡・フィルム開発部長):環境対応フィルム(バイオ、リサイクル等)
(2)矢野 慎吾(セメダイン株式会社・開発部研究第三グループ) 「剥離強度に優れた高耐熱性エポキシ樹脂系接着剤の開発」
(3)塚本勝朗(ジャパンマテックス(株)取締役社長)グランドパッキン・ガスケットの用途分野
(4)藤村忠正(ビジョン開発(株)取締役会長)ロシアでの製品開発事情
(5)その他企業からの参加者による追加で短時間の講演があります。

【申込方法】氏名、所属、連絡先を明記し、電子メール、葉書、またはファックスでお申し込みください。
【問合せ・申込先】
  Email: 金澤 等、 kana@sss.fukushima-u.ac.jp または、稲田 文、inada_aya@yahoo.co.jp
TEL: 024-548-8184、FAX 024-548-5208
  〒960-1296 福島市金谷川1番地 福島大学共生システム理工学類 金澤研究室

日 時 2013年 11月27日(水) 13:00-17:30
会 場 福島市金谷川1番地 福島大学 M1教室

セミナー情報