年会・セミナー情報 詳細

関東支部月例講演会 第251回

日本接着学会 関東支部 月例講演会は、自由な雰囲気の中で接着の基礎から応用まで幅広く討論できる場を提供する事を目的としています。
 今回は、自動車に着目し、自動車製造に使用される接着剤の状況と今後、並びにアプリケーション事例(タイヤパンクの修理キット)について、当該分野の学会及び産業界で活躍されている先生方を講師にお迎えし、解説していただきます。

(1)自動車用接着剤、シール材、コート材 -接着技術に求められること-
自動車製造にはあらゆる接着技術が適用されている。地球環境を考慮した車作りを目指し、様々な技術導入が検討される中、接着剤に求められる今と将来について考察する。
  講師:蛭間 信次氏 :セメダインオートモーティブ株式会社 技術開発部長

(2)スペアタイヤに替わる応急タイヤパンク修理キット
荷室空間の拡大、ハイブリッド車や電気自動車における電池搭載量の確保に対する要望から、スペアタイヤレス化が進み、よりコンパクトな応急タイヤパンク修理キットが搭載された乗用車が急激に増えている。ここでは、本キットの開発について、特にパンク修理液の設計について、液体の動的濡れ現象の観点から概説する。
  講師:岡松 隆裕氏 : 横浜ゴム株式会社 研究本部 岡松研究室 研究室長

プログラム
 14:00~15:15 「自動車用接着剤、シール材、コート材 -接着技術に求められること-」
     講師:蛭間 信次氏 (セメダインオートモーティブ株式会社)
 15:15~15:30 休憩
 15:30~16:45 「スペアタイヤに替わる応急タイヤパンク修理キット」
     講師:岡松 隆裕氏 (横浜ゴム株式会社 研究本部 岡松研究室)

参加要領:1)定員30名
     2)参加費(当日徴収)①接着学会会員3000円(学生会員は2000円)②非会員5000円
       当会正会員および法人会員企業に所属されている方は、会員参加としてお取り扱い致します。
     3)申込方法 日本接着学会ホームページから、または下記項目を明記し葉書,FAXまたはEメールにてお申し込みください。
      ①第251回月例講演会参加,②参加者名,③会員番号(無記入の場合は非会員とさせて頂きます)④勤務先、⑤電話・FAX番号またはE-mail アドレス
      
      申込先 : 日本接着学会関東支部
      住所: 〒169-0073 新宿区百人町1-20-3 バラードハイム703
      TEL: 03-3371-5181    FAX : 03-3371-5185
      E-mail: hyouka-ken@k5.dion.ne.jp

日 時 日  時:2014年11月5日(水) 14:00~17:00
会 場 会  場:工学院大学21階第5会議室(東京都新宿区西新宿1-24-2)
JR,京王線,小田急線,地下鉄(丸の内線・都営新宿線)新宿駅下車西口より徒歩5分

(1)自動車用接着剤、シール材、コート材 -接着技術に求められること-
  講師:蛭間 信次氏 :セメダインオートモーティブ株式会社 技術開発部長

(2)スペアタイヤに替わる応急タイヤパンク修理キット
  講師:岡松 隆裕氏 : 横浜ゴム株式会社 研究本部 岡松研究室 研究室長

セミナー情報