年会・セミナー情報 詳細

関東支部月例講演会 第258回

 日本接着学会 関東支部 月例講演会は、自由な雰囲気の中で接着の基礎から応用まで幅広く討論できる場を提供する事を目的としています。
 今回は、ポリマーアロイ・ブレンド・コンポジット(ポリマーABC)をキーワードに、接着技術などへの応用展開や将来動向に焦点を当て、当該分野の学会及び産業界で活躍されている先生方を講師にお迎えし、解説していただきます。特に、ポリマーナノアロイは、機能複合化や高性能化の要素技術として、近年、注目されています。本講演会により、皆様の研究開発の一助になることを期待しています。

(1)東レ・“ナノアロイ”の最近の展開
 高分子材料の高機能化・高付加価値化を実現する有効な手段として、ポリマーアロイが挙げられるが、近年ではナノオーダーでの新たなアロイ化技術開発が進展している。本講演では東レ・ナノアロイの実例を紹介する。
  講師:小林 定之 氏 :東レ株式会社 化成品研究所 樹脂研究室 主席研究員

(2)多成分系複合材料の成形と物性
 プラスチックのさらなる高性能・高機能化を目指し、ポリマーブレンドをベースにした多成分系複合材料の成形と物性について発表します。具体的には、材料設計技術や成形加工技術が多成分系複合材料のレオロジー的性質や機械的性質に及ぼす影響などを中心に、実験的に検討した結果を報告致します。
  講師:西谷 要介 氏 :工学院大学 工学部 機械工学科 高分子材料研究室 准教授

プログラム
13:55~14:00   開会の挨拶 加納 義久 氏 (関東支部副支部長・古河電工(株))

14:00~15:15  「東レ・“ナノアロイ”の最近の展開」   講師:小林 定之 氏(東レ株式会社)

15:15~15:30   休憩

15:30~16:45  「多成分系複合材料の成形と物性」    講師:西谷 要介 氏(工学院大学)

参加要領:1)定員30名 (申込締切日:10/21)
     2)参加費(当日徴収)①接着学会会員3,000円(学生会員は2,000円)②非会員5,000円
       当会正会員および法人会員企業に所属されている方は、会員参加としてお取り扱い致します。
     3)申込方法 日本接着学会ホームページから、または下記項目を明記し葉書,FAXまたはEメールにてお申し込みください。
      ①第258回月例講演会参加 ②参加者名 ③会員番号(無記入の場合は非会員とさせて頂きます)
      ④勤務先 ⑤電話・FAX番号またはE-mail アドレス
      申込先:日本接着学会関東支部
      住所:〒169-0073 新宿区百人町1-20-3 バラードハイム703
      TEL:03-3371-5181    FAX:03-3371-5185
      E-mail:jimu@adhesion-kantou.sakura.ne.jp

日 時 日  時:2016年10月28日(金) 13:55~17:00
会 場 会  場:工学院大学(新宿キャンパス) 28F第4会議室(東京都新宿区西新宿1-24-2)
JR,京王線,小田急線,地下鉄(丸の内線・都営新宿線)新宿駅下車西口より徒歩5分

14:00~15:15 
「東レ・“ナノアロイ”の最近の展開」  講師:小林 定之 氏(東レ株式会社)
15:30~16:45
「多成分系複合材料の成形と物性」   講師:西谷 要介 氏(工学院大学)

セミナー情報