年会・セミナー情報 詳細

関東支部月例講演会 第262回

日本接着学会 関東支部 月例講演会は、自由な雰囲気の中で接着の基礎から応用まで幅広く討論できる場を提供する事を目的としています。
 今回は、近年、注目されているウェアラブルの要素技術である、プリンテッドエレクトロニクス、導電性接着剤・ペーストに関する講演会を企画しました。本講演会により、皆様の研究開発の一助になることを期待しています。

(1)伸縮性抵抗変化型導性ペースト(グラファイト系)
 現在の主な電子回路は、電極や信号線に金属系材料で構成される。我々は炭素系材料で伸縮性導電ペーストを開発した。ユーザが任意形状・素材に塗布することによって、各種の用途に利用できる。また、伸縮に応じて導体抵抗が変化すればセンサーが可能である。例えば、加速度センサー・変位センサーなどである。ウェアラブル機器は、衣服や薄いフィルム状基板に直接印刷・塗布し柔軟性があり折り曲げ・ねじり・伸縮が可能な電子素子が要求され、また人体に直接触れても安全なことが重要である。
   講師:山崎 智博 氏 :(株)ワイ・ドライブ 代表取締役

(2)低温硬化・フレキシブル導電性接着剤の開発と応用
 全てのモノがインターネットにつながるIoT(Internet of Things)は、我々の生活を一変させる可能性を示している。「どこにでも・何にでも」電気的機能を付与するという流れの中で、素材を選ばずフレキシブルなデバイスを創っていくには、接続材料もまた新たな機能が必要になってくる。本講演では、来たるべきIoT時代のものづくりを指向し、”低温硬化性”と”柔軟性”を両立した導電性ペーストの開発と特性および応用例について述べる。
   講師:岡部 祐輔 氏 :セメダイン(株) 開発部研究第三グループ

日時 2017年9月20日(水)

13:55~14:00   開会の挨拶 加納 義久 氏 (関東支部副支部長・古河電工(株))

14:00~15:15  「伸縮性抵抗変化型導性ペースト(グラファイト系)」
            講師:山崎 智博 氏((株)ワイ・ドライブ)
15:15~15:30   休憩

15:30~16:45  「低温硬化・フレキシブル導電性接着剤の開発と応用」
            講師:岡部 祐輔 氏(セメダイン(株))

参加要領:
1)定員30名 (申込締切日:9/13)
2)参加費(当日徴収)①日本接着学会会員3000円(学生会員は1000円)②非会員5000円
(学生は2000円)当会正会員および法人会員企業に所属されている方は全てを会員参加費としてお取り扱い致します。
3)申込方法 日本接着学会ホームページから、または下記項目を明記し葉書,FAXまたはEメールにてお申し込み
  ください。
  ①第262回月例講演会参加,②参加者名,③会員番号(無記入の場合は非会員とさせて頂きます)④勤務先、
  ⑤電話・FAX番号またはE-mail アドレス

申込先: 日本接着学会関東支部
住所 : 〒169-0073 新宿区百人町1-20-3 バラードハイム703
TEL: 03-3371-5181    FAX : 03-3371-5185
E-mail: jimu@adhesion-kantou.sakura.ne.jp

日 時 2017年9月20日(水) 13:55~17:00
会 場 工学院大学(新宿キャンパス) 28F第4会議室(東京都新宿区西新宿1-24-2)
JR,京王線,小田急線,地下鉄(丸の内線・都営新宿線)新宿駅下車西口より徒歩5分

14:00~15:15  「伸縮性抵抗変化型導性ペースト(グラファイト系)」
               山崎 智博氏((株)ワイ・ドライブ)
15:30~16:45  「低温硬化・フレキシブル導電性接着剤の開発と応用」
               岡部 祐輔氏(セメダイン(株))

セミナー申し込みフォームへ

セミナー情報