年会・セミナー情報 詳細

関東支部月例講演会 第247回

第247回日本接着学会関東支部月例講演会
主催 日本接着学会関東支部

 日本接着学会 関東支部 月例講演会は,自由な雰囲気の中で接着の基礎から応用まで幅広く討論できる場を提供する事を目的としています。
 今回は、環境対応型接着剤に焦点を当て、バイオマス資源の活用や分析方法について、当該分野の学会及び産業界で活躍されている先生方を講師にお迎えし解説していただきます。

(1)キチン・キトサンから調製される材料および環境対応型接着剤の分光学的解析
   微結晶性キチンの構造を一般化二次元分光解析で同定し、それを用いた光学異方性材料の調製について述べる。また、キトサンから調製される高吸水性高分子のキャラクタリゼーション   を行い、その性能について検討した。さらに、環境対応型接着剤である水性高分子イソシアネート接着剤の近赤外分光分析をin situ で行い、その接着層での化学構造を同定したので報告   する。 
    講師:竹村 彰夫 氏 東京大学大学院 農学生命科学研究科 生物材料科学専攻 

(2)環境対応ポリウレタンの開発
   再生可能な資源を活用したバイオポリオールおよびそれを用いた軟質ポリウレタンフォームの開発を行ってきた結果、自動車のシートクッションの規格を満足したバイオポリオールを上   市することができた。その経緯と共に、さらに高い植物度を有したバイオポリオールおよびバイオイソシアネートの開発状況について、報告する。
    講師:山崎 聡 氏 三井化学株式会社 合成化学研究所 リサーチフェロー 特殊イソシアネート開発リーダー

プログラム
 14:00~15:15 「キチン・キトサンから調製される材料および環境対応型接着剤の分光学的解析」
      講師:竹村 彰夫 氏 (東京大学大学院 農学生命科学研究科 生物材料科学専攻)

 15:30~16:45 「環境対応ポリウレタンの開発」
      講師:山崎 聡 氏(三井化学株式会社 合成化学研究所)

参加要領:
 1)定員30名
 2)参加費(当日徴収)①接着学会会員3000円(学生会員は2000円)②非会員5000円
   当会正会員および法人会員企業に所属されている方は、会員参加としてお取り扱い致します。
 3)申込方法 日本接着学会ホームページから、または下記項目を明記し葉書,FAXまたはEメールにてお申し込みください。
   ①第247回月例講演会参加,②参加者名,③会員番号(無記入の場合は非会員とさせて頂きます)④勤務先、⑤電話・FAX番号またはE-mail アドレス

   申込先: 日本接着学会関東支部
   住 所:〒169-0073 新宿区百人町1-20-3 バラードハイム703
   TEL : 03-3371-5181  FAX : 03-3371-5185
      E-mail: hyouka-ken@k5.dion.ne.jp

日 時 2014年2月14日(金) 14:00~17:00
会 場 工学院大学28階第5会議室(東京都新宿区西新宿1-24-2)
JR,京王線,小田急線,地下鉄(丸の内線・都営新宿線)新宿駅下車西口より徒歩5分

プログラム
 14:00~15:15 「キチン・キトサンから調製される材料および環境対応型接着剤の分光学的解析」
      講師:竹村 彰夫 氏 (東京大学大学院 農学生命科学研究科 生物材料科学専攻)

 15:30~16:45 「環境対応ポリウレタンの開発」
      講師:山崎 聡 氏(三井化学株式会社 合成化学研究所)

セミナー情報