年会・セミナー情報 詳細

第2回 生体材料接着研究会

第2回 生体材料接着研究会
                                        主催 日本接着学会関東支部


接着の研究分野は広く、その成果は多岐にわたり活用されています。近年は、今まで以上に個別分野だけではなく分野横断的な取り組みの重要性が増し、日本接着学会の年次大会や論文においても、様々な分野からの研究成果が報告されています。最近では材料科学の研究分野の中でも、生体材料の微細領域における生体接合現象の解明や接着技術の実用化の研究が注目され、今後の研究成果が期待されています。
日本接着学会関東支部では、生体材料接着の研究分野と従来学会で取り上げてきた研究分野のさらなる融合を期待し、本研究講演会を企画致しました。今回は、医療分野における接着の研究分野で業績を挙げていらっしゃる著名な先生方から御講演を頂き、参加者の皆様と接着剤・接着技術による生体組織の接着現象や臨床応用、実用化に関する課題などについて議論を行いたいと思います。

プログラム
 
講演1:15:00-16:00(質疑応答込)
「一般・消化器外科における外科用接着剤への期待(仮)」
              埼玉医科大学国際医療センター 消化器外科 教授 宮澤光男先生

講演2:16:00-17:00(質疑応答込)
「接着性ナノ界面を利用した医療デバイスの開発」
                  近畿大学生物理工学部 医用工学科 教授 古薗 勉先生

参加要領:
1)定員30 名
2)参加費 無料
3)申込方法日本接着学会ホームページから、または下記項目を明記し、FAXまたはEメールにてお申し込みください。
  第2回生体材料接着研究会参加、参加者名、会員番号、勤務先、電話・FAX番号、E-mail
  申込先: 日本接着学会関東支部
  住所: 〒169-0073 新宿区百人町1-20-3 バラードハイム703
  TEL:03-3371-5181 FAX:03-3371-5185  E-mail: hyouka-ken@k5.dion.ne.jp

日 時 平成26年1月22日(水)15:00-17:00

講演1:15:00-16:00(質疑応答込)
「一般・消化器外科における外科用接着剤への期待(仮)」
             埼玉医科大学国際医療センター 消化器外科 教授 宮澤光男先生

講演2:16:00-17:00(質疑応答込)
「接着性ナノ界面を利用した医療デバイスの開発」
                 近畿大学生物理工学部 医用工学科 教授 古薗 勉先生
会 場 東京医科歯科大学 21号館(旧生体材料工学研究所)3階第1会議室
(アクセス方法:http://www.tmd.ac.jp/i-mde/www/access/index.html)

セミナー情報