年会・セミナー情報 詳細

第18回産官学接着若手フォーラム

日本接着学会中部支部では、将来を担う若手の接着科学者と接着技術者のための「第18回産官学接着若手フォーラム」を企画しております。過去17回にわたって開催実績のある当フォーラムは、学生を含めた若手研究者にご好評をいただいております。今回も前回同様、第一線でご活躍されている研究者の基調講演、並びに参加者による研究紹介(フォーラム講演3件(予定)&ポスター討論・発表)を以下のように予定しております。
本案内では、プログラム後半にあります"ポスター討論&談話会"における研究発表・研究紹介の募集を行います。ポスター討論&談話会は、参加者同士が懇親会に似た雰囲気の中で、気軽に各ポスターテーマについて討論を行うセッションです。ポスターテーマは完結した研究例だけでなく、その途上にあるものでも、商品開発の苦労話のようなものでも結構です。多くのご応募をお待ちしております。
さらに、本フォーラムは次世代の接着科学・接着技術を担う若手研究者の親睦を深めるとともに、接着研究の自由で幅広い情報交換と産官学連携を得ることが目的ですので、学生はもちろん、大学・公設研究機関や企業の若手研究者諸氏の積極的な参加を期待いたします。また、経験ある研究者のオブザーバーとしての参加も大いに歓迎いたしますので、この機会に是非、産官学接着若手フォーラムにご参集下さい。

☆ フォーラム 13:00~16:00

・基調講演 13:10~14:20
「タック試験によるソフトポリマーとしての粘着剤のキャラクタリゼーション」
大阪工業大学 中村吉伸 氏

・フォーラム講演(各30分,14:30~16:00)

F1ー「湿度誘起相転移を利用した基板上でのリオトロピック液晶の操作」
名古屋大学大学院工学研究科 原 光生 氏

F2ー「マクロ接触下における濃厚ポリマーブラシの変形とトライボロジー特性」
名古屋工業大学大学院工学研究科 江口 裕 氏

F3ー「セルロースナノファイバーを添加した水性樹脂接着剤の物性」
岐阜大学大学院連合農学研究科 藤代 薫 氏

☆ ポスター討論&談話会 16:30~18:30

発表形式:
ポスター討論・発表は、上記趣旨説明にあります形式にて2時間程度、討論していただきます。ポスター展示パネルの大きさは天地150cm×左右90cmです。なお、フォーラム(口頭)発表は30分(討論を含む、時間配分は発表者に一任)です。


参加費:
企業 4,000円,大学・官公庁 3,000円,学生 1,000円
(当日、受付にてお支払い下さい。)

申込方法:
ポスター発表希望の方は、下記参加要領の必要事項をご記入の上、
令和元年11月27日(水)までに中部支部ホームページ(申し込みフォーム)、
もしくは下記連絡先へメール、またはFaxにてお申し込み下さい。
(参加希望のみの方は、令和元年11月29日(金)までに上記と同様にお申し込み
下さい。)

お申し込みは中部支部ホームページの申し込みフォームからお願いいたします。
○ 中部支部ホームページ 申し込みフォーム
http://adhesion-centjp.sakura.ne.jp/application_form.html

参加要領:
氏名、連絡先(所属、住所、TEL、FAX、E-mail)、ポスター討論&談話会への参加の有無、ポスター発表申し込み者については発表テーマ。
(執筆要領につきましては後日、発表者にご連絡申し上げます。「A4・半ページ程度」)

連絡先:
〒541-8507 三重県津市栗真町屋町1577
三重大学大学院工学研究科 分子素材工学専攻 鳥飼 直也
Tel/Fax: 059-231-9431
E-mail: ntorikaiアットマークchem.mie-u.ac.jp

第18回産官学接着若手フォーラム世話人
山田 雅章 (静岡大学)、鳥飼 直也(三重大学)、須田 雅仁((株)タイルメント)、青木 孝司((株)デンソー)、藤澤 博充(ニチバン(株))

日 時 令和元年12月6日(金)13:00~18:30
会 場 名古屋工業大学4号館 ホール及びホワイエ
(〒466-8555 名古屋市昭和区御器所町:JR中央本線鶴舞駅下車 名大病院口から東へ約400m、地下鉄鶴舞線鶴舞駅下車 4番出口から東へ約500m)

セミナー情報