年会・セミナー情報 詳細

第20回 産官学接着若手フォーラム(口頭発表及び参加募集)

主催:
一般社団法人 日本接着学会中部支部

日本接着学会中部支部では,将来を担う若手の接着科学者と接着技術者のための「第20回産官学接着若手フォーラム」を企画しております.過去19回にわたって開催実績のある当フォーラムは,学生を含めた若手研究者にご好評をいただいております.今年度は昨年度に引き続き,COVID-19感染症の拡大に伴いオンライン開催といたしますが,これまでと同様に第一線でご活躍されている研究者の基調講演,若手研究者によるフォーラム講演(2件),並びに参加者による口頭発表を予定しております.
本案内では,"口頭発表"における研究発表・研究紹介を募集いたします.口頭発表は,完結した研究報告だけでなく,途中段階の進捗報告や研究の苦労話のようなものでも結構です.また,優秀な発表を行った発表者に対しては賞を授与いたします.多くのお申し込みをお待ちしております.
さらに,本フォーラムは次世代の接着科学・接着技術を担う若手研究者相互の親睦を深めるとともに,接着研究の幅広い情報交換と産官学連携を強化することが目的ですので,学生はもちろん,大学・公設研究機関や企業の若手研究者諸氏の積極的な参加を期待いたします.
また,経験ある研究者のオブザーバーとしての参加も大いに歓迎いたしますので,この機会に是非,産官学接着若手フォーラムにご参集下さい.

・基 調 講 演 13:10~14:10
「界面微細構造制御による高分子材料の接着」
大阪大学 麻生 隆彬 先生

・フォーラム講演 14:20~15:20(30分×2件)
F1-「水晶振動子マイクロバランスを用いたメチルセルロース水溶液の高周波粘弾性計測とゲル化に及ぼす界面濃縮の効果(仮題)」
三重大学 山岡 賢司 氏
F2-「高強度なジュズダマの殻の傾斜した微細構造と化学組成と機械的性質(仮題)」
名古屋工業大学 桑田 力真 氏

・口 頭 発 表 15:30~17:10(予定)
発表形式:PowerPointやKeynoteを用いた画面共有にて7分間の発表後,3分間の質疑応答時間を設けます.スライドの形式は自由です.

参加費:
無 料

発表申込:
中部支部ホームページ(HP)内の申込フォーム(http://adhesion-centjp.sakura.ne.jp/application_form.html)から11月26日(金)までにお申し込みください.
また,その際に備考欄に発表タイトルをご記入ください.なお,発表申込を行った時点で参加申込も完了となります(別途,参加申込をしていただく必要はございません.).

12月6日(月)までにA4サイズ最大1ページで ” 要旨 ” をご提出いただきます.
要旨の執筆要領につきましては以下のURLからダウンロードしていただきますようお願い申し上げます。
要旨の執筆要領DLリンク:
http://adhesion-centjp.sakura.ne.jp/doc/2021wakate_form.doc

参加申込:
中部支部HP申し込みフォーム(同上URL) から12月10日(金)までにお申し込みください.

連絡事項:
1) 12月14日(火)までに,お申し込みいただいたメールアドレス宛に講演要旨集PDFや接続用Zoom URLをお送りいたします.メールが届かない方は,お手数をおかけしますが下記のお問い合わせ先までご連絡ください.

2) 講演内容の録画や録音,撮影(スクリーンショットを含む)は著作権の侵害となります.これらの行為はお控えください.

<発表申込者および指導教員の皆様へ>
講演内容の録画や録音,撮影を禁止するアナウンスは当日もいたしますが,運営側でそれらの行為を完全に防ぐことは困難です.以上をご理解いただいたうえで,発表申込をお願いいたします.

第20回産官学接着若手フォーラム世話人:
加藤 裕貴(中京油脂),須田 雅仁(タイルメント),内藤 圭史(岐阜大学),永田 謙二(名古屋工業大学),松本 正幸(アイカ工業)

お問い合わせ先:
内藤 圭史(岐阜大学)
E-mail: k_naito[at]gifu-u.ac.jp
※ E-mailアドレスは[at]の部分を半角の@に置き変えてください.
TEL: 058-293-2514

日 時 日 時:
令和3年12月17日(金)13:00~17:10
会 場 会 場:
オンライン(Zoomによるオンライン開催)

セミナー情報