年会・セミナー情報 詳細

第13回関西支部若手の会

西日本には、「接着技術」を得意とする企業、大学、官庁が多数あります。「接着技術」に携わる研究者、技術者同士が若手の時からネットワークを形成しておくことは、今後の我が国の接着技術の発展に非常に重要であると考えられます。そこで関西支部では、若手が気軽に参加、交流できる場の提供を目的に2005年より若手の会を開催してきました。これまでのアンケート結果からも非常に積極的で好評なご意見を頂いており、将来を担う若手のネットワーク形成にも繋がっています。
13回目となる本年度は、接着技術とゲルに注目し、ゲルの接着や自己修復、ゲルのレオロジーに関するご研究を精力的に進められている2名の先生にご講演いただきます。さらに企業紹介および自由な雰囲気での議論を目的とした懇親会を兼ねたポスター発表を予定しています。(ポスター発表者の中から、若干名へのベストポスター賞授与を予定しております)。本若手の会が、接着関連分野に携わる同世代の皆様の人的交流および今後の活動の一助となればと思います。奮ってご参加頂きますようお願いいたします。

【プログラム】
12:30-13:00 ポスター貼付
13:00-13:10 開催の挨拶
13:10-14:10 招待講演1:「分子接着技術を駆使した材料間の接合」
       高島 義徳 先生(大阪大学)
14:10-15:10 招待講演2:「ゲルっぽくないゲルの話~ゲルのネットワークと人のネットワーク~」
       巽  大輔 先生(九州大学)
15:30-17:00 ポスター発表
17:10-17:30 ベストポスター賞発表、閉会の挨拶

【ポスタープログラム】
P01 金属樹脂接合用エポキシモノリスの材料設計
  (阪府大院工)〇杉本 由佳、松本 章一
P02 可逆反応部位を組み込んだ植物油ベース接着剤の開発
  (阪技術研)〇井上 陽太郎、中橋 明子、舘 秀樹
P03 繊維-ゴム間における接着助剤用PVCラテックスの開発
  (東ソー(株)高分子材料研究所)〇渡邉 和徳
P04 フッ素樹脂の接着性を向上する熱アシストプラズマ処理の実用化に向けた検討
  (1阪大院工・2兵庫県立工業技術センター)〇中川 哲哉1、大久保 雄司1、小玉 欣典1、
   青木 智紀1、柴原 正文2、長谷 朝博2、本田 幸司2、遠藤 勝義1、山村 和也1
P05 N-アリルマレイミド共重合体の金属接着特性
  (阪府大院工)〇倉崎佑斗、仙波諒介、松本章一
p06 アブラムシに学ぶ粘着性液体の粉体化
  (1大阪工大院工・2北大院農・3浜松医大・4大阪工大工)〇笠原 萌恵1、秋元 信一2、
   針山 孝彦3、高久 康春3、中村 吉伸4、藤井 秀司4
P07 側鎖結晶性ポリマー含有アクリル系粘着剤の粘着特性と表面自由エネルギーとの相関把握
  (1長崎大院工・2ニッタ)〇山口 聡士1,2、南地 実2、河原 伸一郎2・村上 裕人1
p08 粘着特性のAFMによるフォースカーブからの考察
  (1大阪工大院工・2大阪工大工・3兵庫県立大院・4東京工業大学)〇岡田 駿1、藤井 秀司2、
   中村 吉伸2、浦濱 圭彬3、中嶋 健4、伊藤 万喜子4、梁 暁斌4
P09 モノリス接合への熱硬化反応の利用
  (阪府大院工)〇西村 雪洋、松本 章一
P10 アセタール結合を高密度に含む硬化性ハイパーブランチポリマーの合成と分解挙動の評価
  (阪市大院工)〇山下 陽司、佐藤 絵理子、西山 聖、堀邊 英夫
P11 液晶性エポキシ樹脂硬化物の配列性と熱伝導性に及ぼす硬化剤構造の影響
  (関西大化学生命工 )〇太田 早紀、山口 広亮、原田 美由紀
P12 シランカップリング剤と無機粒子充てんによるエポキシ樹脂の低吸水率化
  (1大阪工大工・2大阪工大院工)〇中村 充1、堤 亮太2、藤井 秀司1、中村 吉伸1
P13 熱潜在性を有する還元剤の開発とポリペルオキシドの分解促進への応用
  (阪市大院工)〇大森 千聡、由利 道裕、佐藤 絵理子、西山 聖、堀邊 英夫
P14 液晶性エポキシ樹脂硬化物の配列性と強靱性に及ぼす硬化温度と硬化剤構造の影響
  (関西大化学生命工)〇山口 広亮、越智 光一、原田 美由紀
P15 架橋高分子の力学特性とその速度依存性
  (1大阪工大工・2大阪工大院工・3兵庫県立大院・4岡山県工業技術センター)〇柏原 佑亮1、
   岡田 駿2、中村 吉伸1、藤井 秀司1、浦濱 圭彬3、日笠 茂樹4、藤原 和子4
P16 分子応答性マイクロゲルバルブの調製とロジックゲート機能への応用
  (1関西大化学生命工・2関西大ORDIST・3農工大院工)〇平山 真優1、石田 瑞季1、
   大原 正行3、河村 暁文1,2、川野 竜司3、宮田 隆志1,2
P17 マレイミド/スチレン/アクリル酸エステル3元共重合体フィルムの熱および機械特性
  (阪府大院工)〇長瀬 聡一郎、松本 章一
P18 ラジカル共重合性を有するポリフマル酸エステルマクロモノマーの合成
  (阪市大院工)〇倉橋 洵一郎、玉利 昇、佐藤 絵理子、西山 聖、堀邊 英夫
P19 微粒子形態でのリン酸基含有元素ブロック高分子の創出
  (1大阪工大院工・2大阪工大工)〇羽後 治佳1、西澤 伸朗1、中村 吉伸2、藤井 秀司2
P20 立体規則性を制御したPMMAからなる新規ブロック共重合体の合成とその分子鎖凝集構造解析
  (1九大院工・2九大先導研・3I2CNER)〇島本 仁志1、加藤 知希1、佐藤 雅尚1、
   平井 智康1, 2, 3、高原 淳1, 2, 3
P21 リガンドを導入した液晶高分子の合成とフィルム特性
  (1関西大化学生命工・2関西大ORDIST)〇間嶋 健矢1、河村 暁文1,2、宮田 隆志1,2
P22 無機粒子表面のシランカップリング剤の吸着状態についてのTG分析よりの考察
  (1大阪工大院工・2大阪工大工)〇堤 亮太1、藤井 秀司2、中村 吉伸2
P23 混合イオン液体を用いたセルロースのアセチル化
  (兵庫県大院工)〇天國 清和、中村 哲、柿部 剛史、岸 肇
P24 添加物との相互作用を用いたクマリン誘導体ポリマーの温度応答性制御
  (阪市大院工)〇上田 宙輝、佐藤 絵理子、西山 聖、堀邊 英夫
P25 ミクロンメートルサイズのコアシェル型高分子粒子により安定化されたリキッドマーブル
  (1大阪工大工・2大阪工大院工)〇浅海 雄太1、川嶋 永人2、中村 吉伸1、藤井 秀司1
P26 イミダゾリウム系イオン液体からなるLiイオン電解質の調整
  (兵庫県大院工)〇本多 礼於那、天國 清和、柿部 剛史、中村 龍哉、岸 肇
P27 近赤外光による粒子安定化泡の運動制御
  (1大阪工大院工・2旭川医科大 化学教室・3大阪工大工)〇伊藤 将也1、川嶋 永人1、
  眞山 博幸2、中村 吉伸3、藤井 秀司3
P28 高生体親和性医療用シートの開発
  (1阪技術研・2株式会社ソフセラ)〇林 寛一1、吉岡 弥生1、陶山 剛1、西村 崇1、
  日置 亜也子1、木本 正樹1、上向 井徹2、小粥 康充2
P29 MPCポリマーコーティングした種々の基材上の細胞接着特性
  (1阪府大院工・2ジェイ・エム・エス・3近大院システム工)〇片山 里紗1、池田 武蔵1、
   児島 千恵1、梶山 健次2、迫田 亨2、白石 浩平3、松本 章一1
P30 細胞足場材料を目指した二重刺激応答性ゾル‐ゲル相転移ポリマーの合成
  (1関西大化学生命工・2関西大ORDIST)〇夏目 洋資1、大熊 幸平1、河村 暁文1,2、
   宮田 隆志1,2
P31 ナノラマン分光法を用いたポリアミド66界面の厚み評価
  (神戸大院工)〇下浦 直樹、松本 拓也、本郷 千鶴、西野 孝

参加費:1,000円
対 象:概ね40歳以下
定 員:100名(定員を超える場合は申込を締め切らせて頂く場合があります)
講演会またはポスター発表のみの参加でも結構です。

【参加申し込み方法】
講演会の参加申込者は,氏名・所属を明記して,11月10日(金)までに
下記担当者アドレスまでお申込ください。

申込および問い合わせ先:
大阪市立大学大学院工学研究科 佐藤絵理子
E-mail: sato@a-chem.eng.osaka-cu.ac.jp
タイトルは【接着若手申込,接着若手問い合わせ】としてください.
TEL & Fax: 06-6605-2982
万が一、リターンメールがない場合、お手数ですがお電話でご連絡いただけますと幸いです。

若手の会世話人
大久保雄司(大阪大学)
柿部 剛史(兵庫県立大学)
門多 丈治(大阪産業技術研究所)
河村 暁文(関西大学)
小寺  賢(株式会社MORESCO)
佐藤絵理子(大阪市立大学)
舘  秀樹(大阪産業技術研究所)
陳   飛(ハリマ化成株式会社)
原田美由紀(関西大学)
平井 智康(九州大学)
藤井 秀司(大阪工業大学)
        (順不同)






日 時 日時 2017年11月29日(水)13:00~17:30
会 場 会場 大阪市立大学 学術総合情報センター10F大会議室、研究者交流室
(http://libweb.media.osaka-cu.ac.jp/?page_id=112)
〒558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138

セミナー情報