年会・セミナー情報 詳細

第17回関西支部若手の会

関西には,「接着技術」を得意とする企業,大学,官庁が多数あります。「接着技術」に携わる研究者,技術者同士が若手の時からネットワークを形成しておくことは,今後の我が国の接着技術の発展に非常に重要であると考えられます。そこで関西支部では,若手が気軽に参加,交流できる場の提供を目的に2005年より若手の会を開催してきました。これまでのアンケート結果からも非常に積極的で好評なご意見を頂いており,将来を担う若手のネットワーク形成にも繋がっています。
17回目となる本年度は,持続可能な社会の構築に向けた高分子材料の開発に向けて,材料強度や分解性,自己修復機能などの様々な機能研究を精力的に進められている2名の先生にご講演頂きます。今年度はCOVID-19ウイルス感染拡大の影響もあり,講演者や参加者への感染回避を考慮して,オンライン開催とさせていただきます。オンライン開催でありましても,企業紹介および学生などの発表の場として,例年のポスター発表に代わりまして,口頭発表を予定しています(発表者の中から,ベスト講演賞授与を予定しております)。本若手の会が,接着関連分野に携わる同世代の皆様の人的交流および今後の活動の一助となればと思います。奮ってご参加頂けますようお願いいたします。

【プログラム(予定)】
9:45~ オンラインシステムオープン
10:00~10:10 開催の挨拶
10:10~11:10 招待講演1 光誘起親水化を活用した海洋分解性プラスチックの開発
金子達雄先生 (北陸先端科学技術大学院大学)
11:10~12:10 招待講演2 高分子の中の多様な水素結合がみせる個性 
         吉江尚子先生 (東京大学)
13:00~17:20 口頭発表(発表12分、質疑応答2分程度)
17:20~17:30 閉会の挨拶

詳細なプログラム(口頭発表のタイトルおよび発表者名・所属を含む)は,決定次第,日本接着学会の学会HPおよび学会誌に掲載の予定です。

【発表申込み方法】
発表申込者は1) 発表タイトル,2) 著者名・所属(発表者に○印明記),3) ベスト講演賞応募の有無を明記して,11月8日(月)までに下記アドレスへお申し込みください。発表申込者には,要旨執筆等の詳細を後日ご連絡いたします。
講演会の参加申込者は,氏名・所属を明記して,11月22日(月)までにお申込ください。
【発表申込み先・参加申込み先】
大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻 麻生隆彬 
TEL : 06-6879-7365  E-mail: asoh@chem.eng.osaka-u.ac.jp
タイトルは【接着若手申込,接着若手問い合わせ】としてください。
万が一,申し込みから2,3日経ちましても,リターンメールがない場合,お手数で
すがお電話にてご連絡いただけますと幸いです。

【参加費のお支払いに関して】
参加申し込み後,下記の銀行へお振り込み下さい。
三菱UFJ銀行 大阪恵美須支店 普通口座 0049425 
口座名義 一般社団法人日本接着学会関西支部 シャ)ニホンセッチャクガッカイカンサイシブ
11月22日(月)までにご入金ください。
振込手数料につきましては申込者にてご負担下さいますようお願い致します。
また,領収書は振込受領書をもってかえさせて頂きます。
 ※参加証は送付しませんので,事前にご連絡した会議システムにログイン下さい。

【若手の会世話人】
大久保 雄司(大阪大学)、柿部 剛史(兵庫県立大学)、河村 暁文(関西大学)、北山 雄
己哉(大阪府立大学)佐藤 絵理子(大阪市立大学)、鈴木 祥仁(大阪府立大学)、原
田 美由紀(関西大学)、平井 智康(大阪工業大学)、前田 和紀(大阪産業技術研究所 和
泉センター)、松本 拓也(神戸大学)、米川 盛生(大阪産業技術研究所 森之宮センタ
ー)、麻生 隆彬(大阪大学)

日 時 2021年12月6日(月)10:00〜17:30(予定)
会 場 オンライン開催

セミナー情報