年会・セミナー情報 詳細

関西接着ワークショップ第2回研究会

「溶かす」や「混ぜる」を学び,利用する-相溶性の基礎と応用-

趣旨:「高分子を溶媒に溶かす」や「異種の高分子を混ぜる」などの操作は,接着関連の研究者・技術者が頻繁に行っています。このような高分子の溶解や混合は,接着分野だけではなく,様々な化学工業分野の材料開発において不可欠な技術です。「溶かす」や「混ぜる」は相溶性の物理化学を基盤としており,それらによって材料の性能や機能は大きく左右されます。一方,本ワークショップの第1回研究会では有機-無機ハイブリッド材料を主題としましたが,「溶かす」や「混ぜる」といった技術はこれとも密接に関連しています。第2回研究会では,「溶かす」や「混ぜる」をキーワードとして取り上げ,混合と溶解の基礎と共にそれを利用した材料開発について著名な先生方にご講演をお願いしました。また,今回は関西大学で開催するにあたり,接着関連の研究室の見学会も開催いたします。どうぞ奮ってご参加ください。

プログラム
●13時00分~13時50 分 [講演1]
「Hansen溶解度パラメーター(HSP値)の基礎と応用」
山本 秀樹 先生(関西大学環境都市工学部)

●13時50 分~14時40 分 [講演2]
「ブロック共重合体の構造と物性-ブロック共重合体を溶かして熔かして混ぜて構造制御する!」
櫻井 伸一 先生 (京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科)
(14:40-14:50 休憩)
●14時50分~15時40分 [講演3]
「高分子を「溶かす」プロセスにおけるシミュレーション解析」
森田 裕史 先生(産業技術総合研究所)

●15時40分~16時30分 [講演3]
「相溶系ブレンドによる新しい高性能材料の設計」
山口 政之 先生(北陸先端科学技術大学院大学マテリアルサイエンス研究科)

●16時30分~17時30分 [見学会]
関西大学 化学生命工学部化学・物質工学科 研究室見学
高分子応用材料研究室(越智・原田研究室),先端高分子化学研究室(宮田・河村研究室)

下記、「セミナー申し込みフォームはこちら」からお申込下さい。
(関西接着ワークショップ会員の方は、会員種別を「研究会会員」にしてご入力下さい。)

問合せ先:
宮田 隆志   関西大学化学生命工学部
〒564-8680 吹田市山手町3-3-35,Tel: 06-6368-0949,Fax: 06-6330-3770
Email: tmiyata@kansai-u.ac.jp

【会費について】
*個人会員
 ・年間参加費は4,000円で個人登録。個人登録なので代理参加は認めない。会員登録資格は日本接着学会会員であること(法人会員の企業所属者も可)とする。

*法人会員
・年間参加費は16,000円/年で2名登録。「関西接着ワークショップ」開催の研究会に各回2名まで参加できる。登録者以外の代理参加も可能。

*詳しくは前ページ「関西接着ワークショップ(旧:H&I研究会)ご入会の案内」を閲覧の上、会員登録し、ご入金をお願い申し上げます。

年会費に対する問合せ先:
一般社団法人日本接着学会 関西支部事務局 柴崎
TEL06-6634-7561, FAX06-6634-7563
e-mail info-kns@adhesion.or.jp

日 時 2013年11月6日(水)13時00分より17時30分まで
会 場 関西大学第4学舎3号館4階3401会議室

[アクセス] 阪急電鉄「梅田」駅から,千里線「北千里」行で「関大前」駅下車(この間約20分),徒歩約5分。または京都「河原町」行(通勤特急を除く)で「淡路」駅下車,「北千里」行に乗り換えて「関大前」駅下車。詳細はホームページをご参照ください。
交通アクセスhttp://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/access.html
学内地図:http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/mapsenri.html
(キャンパスマップの19と27の隣にある建物(屋上が空中テニスコート)の4階です)

セミナー情報