年会・セミナー情報 詳細

関西接着ワークショップ2019年度第2回研究会

『バイオベースポリマーの最前線と実用化』

趣旨:今年6月のG20サミットにおいても,海洋プラスチック,マイクロプラスチック問題が取り上げられ,コンビニやスーパーでのプラスチックバックの有料化など使用量の削減される動きがあるなか,土壌・海洋等の自然環境下で生分解される素材,又は環境への負荷が小さい新素材,すなわち,バイオベースポリマーへ代替していくことが注目を集めています。
2019年度第2回「関西接着ワークショップ」では,上記のバイオベースポリマーとして,バイオ由来の材料を用いた新規な高分子材料や生分解性バイオベースポリマーが実際に実用化されている先端研究について産学から著名な先生3名に最先端の研究/応用などを紹介して頂きます。どうぞ奮ってご参加ください。

【プログラム】
●13 時30分~14時30 分 [講演1]
 「植物由来モノマーの精密重合による機能性ポリマーの合成」
   佐藤 浩太郎 先生 (東京工業大学物質理工学院 応用化学系 教授)

●14 時30 分~15 時30分 [講演2]
 「カネカ生分解性ポリマーPHBH」
   千葉  健 先生 (株式会社カネカ BDP技術研究所 所長)

(15:30-15:45 休憩)
●15 時45 分~16時45 分 [講演3]
 「海洋プラスチック汚染問題と生分解性プラスチック ーポリ乳酸の本格的実用化時代の到来ー」
   望月 政嗣 先生 (元京都工芸繊維大学 特任教授/高分子学会フェロー)

【申し込み方法】
下記、「セミナー申し込みフォームはこちら」からお申込下さい。
(関西接着ワークショップ会員の方は、会員種別を「研究会会員」にしてご入力下さい。)

【研究会の問合せ先】
南 秀人 神戸大学大学院工学研究科
Tel: 078-803-6197,Fax: 078-803-6197; Email: minamihi@kobe-u.ac.jp

【会費について】
関西接着ワークショップは、年4回講演会を開催する研究会です。
下記「申し込みフォーム」の備考欄に個人会員か法人会員かをご記入の上お申込下さい。(例:法人会員希望)
お申込み後、事務局からご入金に関する案内をお送り致します。

*個人会員
・年間参加費は4,000円で個人登録。個人登録なので代理参加は認めない。会員登録資格は日本接着学会会員であること(法人会員の企業所属者も可)とする。
*法人会員
・年間参加費は16,000円/年で2名登録。「関西接着ワークショップ」開催の研究会に各回原則として2名参加できる。
 登録者以外の代理参加も可能。
*非会員(日本接着学会の会員ではない方)
 1回8,000円の参加費。年会費ではありません。

【振込先】
 三菱東京UFJ銀行 大阪恵美須支店 普通0049425
 一般社団法人 日本接着学会 関西支部(シャ)ニホンセッチャクガッカイ カンサイシブ)

【年会費に対する問合せ先】
 一般社団法人日本接着学会 関西支部事務局 柴崎
 TEL06-6634-8866, FAX06-6634-8867
 e-mail info-kns@adhesion.or.jp

---------------------------------------------------------------------------------------------------------
<関西接着ワークショップ>
・年4回開催。(第1回は8月2日に終了済)
・場所:大阪府立大学I-siteなんば,関西大学,大阪市立工業研究所,
    大阪文化交流センター(大阪市立大学梅田キャンパス),神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ等

日 時 日時:2019年10月8日(火)13:30 より16:45(13:00より受付)
会 場 神戸大学「梅田」インテリジェントラボラトリ8 階教室
[アクセス] 阪急電鉄「梅田」駅から,徒歩3分,もしくはJR「大阪」駅から徒歩7分
     大阪市北区鶴野町1番9号“梅田ゲートタワー”8F

セミナー情報