年会・セミナー情報 詳細

関西接着ワークショップ2020年度第1回研究会

『セルロースをフィラーとして用いる高分子材料の最前線』

趣旨:セルロースは地球に最も多く存在するバイオマス資源であるため,工業材料用途としての利用は環境への悪影響を及ぼすことが無く,むしろ積極的利用が社会的に強く望まれています。セルロースファイバーは植物由来の軽量かつ高強度材料であるため,新たな補強材料と注目されています。2020年度第1回「関西接着ワークショップ」では,セルロースをフィラーとして用いた高分子材料の研究開発について著名な先生方3名に最先端の研究/応用などを紹介して頂きます。どうぞ奮ってご参加ください。

【プログラム】
● 13 時30分~14時30 分 [講演1]
「フィラーとしてのセルロースとその複合材料の階層構造評価法の提案」
 寺本 好邦 先生 (京都大学大学院農学研究科 准教授)
●14 時30 分~15 時30分 [講演2]
「CNF強化プラスチックの製造プロセス-京都プロセスと樹脂への機能性付与」
 仙波 健 先生 (京都市産業技術研究所高分子系チームチームリーダー)

  (15:30-15:45 休憩)
● 15 時45 分~16時45 分 [講演3]
「セルロース修飾法としてのクエン酸変性の魅力と可能性」
 宇山 浩 先生 (大阪大学大学院工学研究科 教授)

問合せ先:麻生 隆彬 大阪大学大学院工学研究科
Tel: 06-6879-7365,Fax: 06-6879-7367; Email: asoh@chem.eng.osaka-u.ac.jp

申込み先:下記、「セミナー申し込みフォームはこちら」からお申込下さい。
(関西接着ワークショップ会員の方は、会員種別を「研究会会員」にしてご入力下さい。)

会費について:
関西接着ワークショップは、年4回講演会(見学会1回を含む)を開催する研究会です。2020年度に限り、年2回の開催とさせて頂きます。

日本接着学会ホームページの関西接着ワークショップに関するご案内の「申し込みフォーム」の備考欄に個人会員か法人会員かをご記入の上お申込下さい(例:法人会員希望)。お申込み後、事務局からご入金に関する案内をお送り致します。

*個人会員
・年間参加費は4,000円(2020年度に限り、年間参加費を2,000円とします)で個人登録。個人登録なので代理参加は認めない。会員登録資格は日本接着学会会員であること(法人会員の企業所属者も可)とする。
*法人会員
・年間参加費は16,000円/年で2名登録(2020年度に限り、年間参加費を8,000円/年で2名登録とします)。「関西接着ワークショップ」開催の研究会に各回2名まで参加できる。登録者以外の代理参加も可能。

【振込先】
三菱UFJ銀行 大阪恵美須支店 普通0049425
一般社団法人 日本接着学会 関西支部(イッパンシャダンホウジン ニホンセッチャクガッカイ カンサイシブ)

【年会費に対する問合せ先】
 一般社団法人日本接着学会 関西支部事務局 柴崎
 TEL06-6634-8866, FAX06-6634-8867
 e-mail info-kns@adhesion.or.jp

日 時 日時: 2020年12月17日(木) 13 時30 分より16時45 分まで (13:15よりミーティングオープン)
会 場 本年度は本研究会もオンライン形式(ZOOM or teamsを利用)で開催いたします。
お申し込み頂いた方には,お申し込みメールにミーティングの詳細を事前に送付させて頂きます。
なお、本ワークショップの録画・録音は固くお断りいたします。

セミナー申し込みフォームへ

セミナー情報