年会・セミナー情報 詳細

第23回構造接着シンポジウム

第23回構造接着シンポジウム
「新分野に挑む接着技術」

                                主催:(一社)日本接着学会構造接着委員会
                                協賛:(一社)日本接着学会関東支部 
                                協賛:日本接着剤工業会 
                                協賛:(一社)色材協会
                                協賛:エポキシ樹脂技術協会 
                                後援:日本包装学会     

 世界的に経済の風向きが思わしくないこの頃です.また,多くの場所で紛争が継続し,国際関係においても理解が困難な事象が多発しています.すわなち,経済のみならず政治的にも混迷を深めているのが今日の世界の姿と言えるでしょう.この混迷は残念ながらしばらく続きそうです.振り返ってみれば,我が国はバブルの崩壊以降,混迷の時代を歩んできましたが,決して崩壊することはありませんでした.これは我が国の社会システムが極めてロバストであることを示しており,実は全世界が混乱している時代ほど日本の真価が評価されるのかもしれません.要するに日本人の我慢強さが再評価される時代が近づいてきた,ということです.
幸運なことに,東京でオリンピックの開催が予定されており,土木・建築を含む従来型の産業が再び脚光を集めています.新規の建設だけでなく,老朽化したインフラの整備も必要であり,この分野への投資が積極的に行われると期待されます.また,これらの技術開発も前向きに実施される筈です.ここはひとつ地道に次世代の技術開発に取り組もうではありませんか.
本シンポジウムでは,今後重点的な技術開発が予想される産業,特に,土木・建築,自動車,およびその周辺技術を取り上げ,接着技術との接点を俯瞰すべく,テーマを「新分野に挑む接着技術」としました.また,関連の企業でご活躍の研究者,技術者の皆様を講師にお招きし,参加者の皆様とご一緒に新規用途の現状を探り,議論したいと考えています.従来のシンポジウムとは少し趣を変えて企画した講演内容は下記のとおりです.

新分野に挑む接着技術

9:30~9:35
開会の挨拶 
日本接着学会構造接着委員会委員長 東京工業大学 精密工学研究所 佐藤千明 氏

9:35~10:45
「土木・建築用接着剤の概要」
コニシ株式会社 生産・研究開発本部 浦和研究所 研究開発第4部第一グループ 堀井久一 氏
(1)建築構造物の改修工事において使用される接着剤の紹介
(2)土木構造物の補修工事において使用される接着剤の紹介
(3)土木・建築構造物の補修工事において使用される接着剤の紹介

10:45~11:55
「高分子の難燃化とその実際」
京都工芸繊維大学 伝統みらい教育研究センター 大越雅之 氏
(1)難燃メカニズム 樹脂材料の難燃機構は、燃焼の連鎖反応を遮断することにより生じると言われている。その遮断方法に関しては、①気層、②固層に大別され、①気層は、ラジカルトラップによる燃焼物の希釈効果、②固層は、チャー形成による気層と固層の遮断効果メカニズムについて示す。
(2)高分子難燃化の実際と考え方 ポリエステル、CFRPを中心としたUL-94規格のようなバルク形状のみならず、フィルムや繊維状などの形状の違いによる燃焼挙動について、観察した結果を示す。(3)難燃材料のみらい(モノからコトへ)難燃剤のみらいを世界動向と合わせて考えた。世界動向としては、Global Trends 2030 national intelligence council reportにあるように、日本を取り巻く技術環境は3階から技術インパクトと日本の課題を示さした。その中で難燃材料が活躍できる分野について示した。

11:55~12:55 昼 食 

13:00~14:10
「その接着!工程能力指数1.67を満足できてますか?―接着の信頼性、耐久性の考え方と作り込み―」
株式会社 原賀接着技術コンサルタン専務取締役 首席コンサルタント 工学博士 原賀康介 氏
(1)工程能力指数の大きさ、下側規定値と、接着強度の必要なばらつきの小ささの関係
(2)耐久性は、接着剤、被着材、接着条件で決まるものではなく、設計で作り出すものである。
(3)日本における構造接着の現状と課題、今後の方向

14:10~15:20
「最新の複合材の成形技術,海外のトレンド,および接合技術」
株式会社カドコーポレーション 代表取締役社長 倉谷泰成 氏
(1)最新複合材成形技術・海外のトレンドの紹介
(2)複合材成形のオートメーションの紹介
(3)接着・接合技術の紹介

15:20~15:30 休 憩

15:30~16:40
「ステンレス鋼の接着技術」
住友金属鉱山株式会社 技術本部統括研究員 理学博士 山辺秀敏 氏
(1)ステンレス鋼の種類
(2)ステンレス鋼接着における課題(3)鋼板側、接着剤側からの接着性支配因子

16:50~
閉会の挨拶 東京医科歯科大学名誉教授 宮入裕夫 氏

※講演時間及び講師等の変更もあり得ます。

参 加 要 領
★ 定  員 200 名
★ 参 加 費 会員(協賛団体会員を含む):20,000円(税込)  非会員: 30,000円(税込) 構造接着メンバー;1名無料 2人目から10,000円
★ 申込締切  平成26年11月22日(月) (参加費の振込期限:11月30日)
★ 申込方法 下記の参加申込書を郵送またはFAXにて必ずご送付ください.郵便振替もしくは銀行振込にてお支払をお願いいたします.時間的な余裕のない場合は,当日のお払いで結構です.
★ 申 込 先 日本接着学会 構造接着委員会
       〒169-0073 東京都新宿区百人町1-20-3 バラードハイム703
             TEL:03-3371-5307  FAX:03-3371-5185

★ 振 込 先 郵便振替:口座番号 00110-9-707506 口座名義:構造接着委員会 構造接着シンポジウム
      みずほ銀行 新宿新都心支店:口座番号 3505910 口座名義:構造接着シンポジウム 事務局

日 時 平成26年12月2日(火) 9:30 ~17:00
会 場 会場:工学院大学 3F アーバンテックホール (東京都新宿区西新宿1-24-2) 
TEL:03-3342-1211(代表)

1)「土木・建築用接着剤の概要」 
                       コニシ(株)生産・研究開発本部 堀井 久一 氏
2)「高分子の難燃化とその実際」
                              京都工芸繊維大学 大越 雅之 氏
3)「その接着!工程能力指数1.67を満足できてますか?接着の信頼性、耐久性の考え方と作り込み」
                      (株)原賀接着技術コンサルタント 原賀康介 氏
4)「最新の複合材の成形技術,海外のトレンド,および接合技術」
                         (株)カドコーポレーション 倉谷泰成 氏         
5)「ステンレス鋼の接着技術」
                         住友金属鉱山(株) 技術本部 山辺秀敏 氏 

セミナー情報