年会・セミナー情報 詳細

2019年度 第28回 構造接着・精密接着シンポジウム

「接着における評価・解析と応用展開」

主催:一般社団法人日本接着学会 構造接着・精密接着研究会
協賛:公益社団法人自動車技術会、一般社団法人色材協会、日本接着剤工業会、エポキシ樹脂技術協会、公益社団法人高分子学会、公益社団法人精密工学会、一般社団法人日本航空宇宙学会、一般社団法人日本レオロジー学会、公益社団法人日本材料学会、日本信頼性学会、公益社団法人日本包装技術協会、一般社団法人プラスチック成形加工学会、一般社団法人溶接学会、一般社団法人強化プラスチック協会、一般社団法人日本機械学会、一般財団法人舟艇協会
後援:日本包装学会

 最近、接着が数ある接合技術の中で特に注目されています。 この理由は、非常に広範な材料が接合できることに由来しています。例えば、航空機や自動車などの車体を接合する場合には、スチール等の接合が必要になりますが、最近の接着剤はこれらの材料を接合するのに十分な強度を有しています。また、スマートフォンをはじめとするモバイル機器では、液晶や電子回路、並びにその筐体の接合がやはり接着剤によって行われています。このように航空機から電子機器まで接着の用途はますます広がりつつあります。特に、異なる材料、すなわち異種材料の接合には接着は欠くべからざる接合手段となっています。今後は構造のマルチマテリアル化が軽量化の観点で非常に重要になり、接着に対する需要が飛躍的に増えていくことでしょう。

 このように将来が約束された接着技術ですが、その技術的課題は多岐にわたり、化学から機械工学まで幅広い知識が必要になります。このため接着技術者は常に新しい知識を吸収していくことが求められます。この観点で今回は 6題の講演を企画しました。講師は、その道の最前線でご活躍の方々にお願いしています。質疑応答にも十分な時間を取り、活発な会にしたいと思います。皆様にとって本シンポジウムがお役に立てば幸いです。

■日時:2019年11月19日(火)9:00~17:00(開場8:30)

■会場:工学院大学 新宿キャンパス 3階 アーバンテックホール
    https://www.kogakuin.ac.jp/facilities/campus/shinjuku/access.html

■講演1 9:10~10:10
 「応力発光による接着評価・設計・予測の革新」
  国立研究開発法人産業技術総合研究所 製造技術研究部門 トリリオンセンサ研究グループ グループ長
  寺崎 正 氏
応力発光はさまざまな機械的刺激に応じて発光する機能性物質である。実際、応力発光塗料、シートをセンサとして用いて、(1)健全性モニタリング(橋、建物、パイプライン棟)、(2)破壊予兆の可視化(水素高圧容器等)を行い、予測もしていない破壊予兆の発光可視化に成功してきた。そして今、予測が難しくなりつつある(3)次世代自動車・航空機向け金属材料、CFRP、構造接着等の応力発光可視化を通じたシミュレーション高度化、更には皆知っているはずの規格化された接着評価の応力発光可視化を通じて試験で得られる値の背後にある機械的情報のより深い理解を推進している。これらを応力発光による接着評価・設計・予測の革新の観点から紹介する。


■講演2 10:15~11:15
 「鉄道における構造接着工法」
  神奈川大学 名誉教授 総理研客員研究員、帝京大学・青島科学技術大学 客員教授
  大石 不二夫 氏

■講演3 11:20~12:20
 「ヤマハ株式会社における機能性FRP技術のご紹介」
  ヤマハ株式会社 研究開発統括部 第2研究開発部 部長、静岡大学 電子工学研究所 客員教授
  鈴木 克典 氏
繊維強化複合材料(FRP)は軽量高剛性、高強度の機械特性から産業界において広く普及が進んでいる。ヤマハ株式会社ではかねてより、その「音響特性」や「意匠性」に着目し、ユニークな機能を持った素材開発に取り組んでいる。FRPは補強のために入れた繊維が異方性を持っており、構造やさまざまな構成素材の組み合わせにより、任意の音響特性を得ることができる。また、繊維の織り成す意匠性が高い付加価値の創造にも寄与する。本講演では、それらの具体的な事例について紹介する。


■講演4 13:20~14:20
 「分子接合技術によるものづくり製造に関わる異種材料接合」
  岩手大学 理工学部 化学・生命理工学科 教授
  平原 英俊 氏
製品の軽量化、安全性・信頼性向上への要望の高まりとともに、物とモノをくっつける手段、接着や接合に関わるさまざまな技術の開発が進んでいる。私たちが戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)内閣府/革新的設計生産技術「分子接合技術による革新的ものづくり製造技術の研究開発」において取り組んできた「分子接合」の技術について紹介し、分子接合の基礎原理、応用可能性、接合強度の評価法を解説する。


■講演5 14:25~15:25
 「複合材料界面の接着・疲労と応力伝達」
  神戸大学 大学院工学研究科 応用化学専攻 教授
  西野 孝 氏
複合材料研究には多分野の英知を結集させる必要があるが、現状では機械系の独壇場である。モビリティへの複合材料の利用が精力的に取り組まれる中、接着の果たす役割もまた重要度が増している。複合材料における接着は複合材料/異種材料間、および複合材料中の繊維/樹脂間に大別される。これらは構造接着、精密接着の対象とも重複しており、共通課題として、界面での接着・疲労と応力伝達について、化学屋の立場からの取り組みを紹介する。


■講演6 15:35~16:35
 「接着剤と分子シミュレーション」
  株式会社スリーボンド 研究開発本部 技術マーケティング部
  大槻 直也 氏
この十数年の計算機の能力の向上に伴い、接着剤の硬化物や接着剤/被着体界面の現象理解を目的に、企業においても分子シミュレーションの導入が進んでいる。スリーボンドでも、接着剤処方や分析及び強度試験などの理論的な裏付けや、トラブルシュートといった事例で分子シミュレーションの利用を始めている。今回は接着剤/被着体界面の接着性の解析をはじめとしたいくつかの検討事例について述べる。


※シンポジウム終了後、17:30から技術交流会(会費:税込2,000円)を開催いたします。多数のご出席をお待ちしております。
※プログラム、講師等は変更することがあります。

■申込締切日:2019年11月15日(金)

■参加費:
構造接着・精密接着研究会 企業会員:1名無料、2人目から10,000円/人
構造接着・精密接着研究会 団体会員:1名無料
構造接着・精密接着研究会 個人会員:無料
日本接着学会会員(構造接着・精密接着研究会非会員):20,000円
構造接着・精密接着研究会、日本接着学会、共に非会員:25,000円

■参加費のお支払い:有料の方には、後日、請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。
※申込受付後、参加証を郵送いたします。当日ご持参ください。

■参加申込方法:以下のフォームからお申し込みください。
 ▼シンポジウム申し込みフォーム▼
  https://bit.ly/2UmmHAe

【問い合わせ先】
一般社団法人日本接着学会 構造接着・精密接着研究会事務局
〒224-0003 神奈川県横浜市都筑区中川中央1-28-22-201
TEL:045-479-8855 FAX:045-910-1831 E-mail:jimu@struct-adhesion.sakura.ne.jp

日 時 2019年11月19日(火)9:00~17:00(開場8:40)
会 場 工学院大学 新宿キャンパス 3階 アーバンテックホール
https://www.kogakuin.ac.jp/facilities/campus/shinjuku/access.html

セミナー情報