年会・セミナー情報 詳細

粘着研究会第172回(9月度)例会

謹啓 時下益々ご清栄の段、お慶び申し上げます。平素、当研究会の運営に当たりましていろいろご協力、ご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

新型コロナウイルス感染拡大のため、第172回の例会はオンラインセミナーとさせて頂きます。
参加者の皆様の安全と感染拡大の防止を考慮しての判断となりましたこと、何卒ご理解頂きたくご協力の程お願い申し上げます。                                                                      敬具

13:00~13:50「ポリエステル系粘着剤の開発と応用」 
                              三菱ケミカル株式会社 大阪研究所 鈴木 秀昭 氏
 アクリル系粘着剤は、その共重合成分をコントロールすることにより、様々な優れた特性を付与することが出来る優れた粘着剤として、これまで様々な用途に使用されてきた。しかし、近年では、市場からの要求も多岐に渡っており、全く新しい物性が発現する粘着剤の開発も求められている。
当社では、アクリル系粘着剤「コーポニール」の知見を活かしながら、ポリエステル系粘着剤の開発を行っている。耐熱性、耐久性、接着性、機械的強度に優れた粘着剤「ニチゴーポリエスター」の一般特性とその応用例について紹介する。

14:00~14:50「粘着剤に使用されているブロック共重合体の構造解析と物性との相関解明」
                                      京都工芸繊維大学 櫻井 伸一 氏
 本講演では、粘着剤のベースポリマーとして広く用いられているトリブロック共重合体の構造と物性の関係について述べます。特に、溶剤塗工プロセスにおける乾燥工程の温度が力学物性に及ぼす影響について述べます。ナノ構造の解析を力学物性と相関付けて行なうために、応力ひずみ曲線の測定と2次元小角X線散乱測定を実施致しました。また、延伸状態で試料表面の原子間力顕微鏡観察も行ないました。これらの実験結果に基づいた考察を踏まえて、粘着剤として求められるより良い物性を達成するために必要なナノ構造とは何かについても、最終的に言及します。

15:00~15:50「変分型フェーズフィールド破壊モデルの粘弾性流体への適用」
                                    横浜国立大学理工学部 田中 良巳 氏
 き裂伸展を理論的に取り扱う手法として近年注目されているフェーズフィード破壊モデルをマクスウェル型の粘弾性流体の破壊現象に拡張した.
この研究を中心として報告する.フェーズフィード破壊モデルは,き裂伸展を(新たな表面の形成ではなく),荷重を受ける弾性体中からに弾性率がゼロの新たな相(厚みは小さいが有限)の成長現象として記述する.フェーズフィールドモデルが仮定する破断面の厚みは(ガラスのような脆性的な破壊を記述する上では)モデルの欠点ともいえるが,粘着剤の剥離のような状況ではそれに物理的な意味を持たせることができるかもしれない.このような面いついても考察したい.

16:00~16:50「液/液界面制御による高分散性エマルションの調製」    
                               東京理科大学理工学部先端化学科 酒井 秀樹 氏
 エマルションは、相溶しない液体の一方が微細な液滴となって他方に分散した系であり、溶液に様々な付加価値を付与することが可能であるため、化粧品、食品、医薬品をはじめとした様々な分野で用いられている。また、脱有機溶剤の観点から、塗料やインキなどの分野でもその重要性が増しており、粘着剤主剤についても溶剤系からエマルション系への転換が試みられている。本講演では、エマルションの基礎物性について概説するとともに、最近の新しい応用事例について紹介する。

参加申込はメールまたはWebでお申し込み下さい。締切は9月7日(月)です。
 参加費 : 粘着研究会会員      無料
       日本接着学会会員   15,000円
       一般         20,000円
       学生           無料
参加費入金方法:下記銀行にお振込下さい。(手数料はご負担ください)
三菱東京UFJ銀行 春日町支店(店番:062)
普通口座 口座番号:1177253
     口座名:ネンチヤクケンキユウカイ

連絡先:〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1
  東京大学 大学院農学生命科学研究科 生物材料科学専攻 生物素材科学研究室内
  日本接着学会粘着研究会 TEL :03-5841-5241
   E-mail: psa@adhesion-psa.sakura.ne.jp

*本セミナーの録画・録音および資料の転用は固くお断りいたします。

日 時 2020年9月11日(金)13:00~17:00
会 場 オンラインセミナー
13:00~13:50「ポリエステル系粘着剤の開発と応用」 
                      三菱ケミカル株式会社 大阪研究所 鈴木 秀昭 氏
14:00~14:50「粘着剤に使用されているブロック共重合体の構造解析と物性との相関解明」
                              京都工芸繊維大学 櫻井 伸一 氏
15:00~15:50「変分型フェーズフィールド破壊モデルの粘弾性流体への適用」
                            横浜国立大学理工学部 田中 良巳 氏
16:00~16:50「液/液界面制御による高分散性エマルションの調製」  
                       東京理科大学理工学部先端化学科 酒井 秀樹 氏

セミナー情報