年会・セミナー情報 詳細

接着界面科学研究会PartⅥ第7回例会~接着界面科学シンポジウム~

 今回の接着界面科学研究会例会では、昨年度開催した10周年記念行事での内容を継続・深化させ、解析・分析に着目した接着界面科学シンポジウムを企画しました。接着界面の分析・解析に資する最近の進展を含めた基調講演3件、次世代の本分野を支える若手研究者のポスター発表(双方向のフリーディスカッション)を開催します。接着界面科学研究会の発展に向け、活発な意見交換の場、として活用いただきたく、宜しくお願い致します。

プログラム 
10:55~11:00 はじめに(委員長挨拶)  古河電気工業株式会社 加納 義久
11:00~11:30 ポスタープレビュー
①HAXPESを用いた無機材料の埋もれた界面の分析
 ○西田真輔、大友晋哉、佐々木宏和(古河電気工業(株)) 
②シリコーン化合物を添加したアクリル系粘着剤の表面構造と接着特性
 〇下地頭所彰、緒方雄大、戸田智基、岡本允子(積水化学工業(株))
③マイクロバブル処理を施した銅の表面状態と対樹脂接着特性(仮題)
 〇久野優介、武野明義、高橋紳矢(岐阜大学)
④マイクロバブル処理による炭素繊維/熱可塑性樹脂界面の接着性改質(仮題)
 〇勅使川原笙、高橋紳矢、武野明義(岐阜大学)
⑤光反応性クマリン含有ポリマーの架橋と脱架橋による粘着力制御と再接着可能な易解体性接着材料への応用
 〇安東尚紀、佐藤絵理子、甲田優太、堀邊英夫(大阪市立大学)
⑥ヤモリを模倣した微細柱状構造を有するフィルムの剥離挙動とそのFEM解析
 〇土田健志郎、久保山敬一、扇澤敏明(東京工業大学)
⑦部分ケン化EVAのEVOHとの接着挙動とそのメカニズム
 〇野口敬広1、久保山敬一1、扇澤敏明1、大嶽真都2(1東京工業大学、2東ソー)
⑧エポキシ樹脂の不均一性と膨潤破壊挙動
 〇青木美佳、山本智、田中敬二(九州大学)
⑨固体界面分子鎖の絶対配向評価
 〇笹原一輝、川口大輔、山本 智、田中敬二(九州大学)
⑩弾性接着剤によるフッ素樹脂/ステンレス鋼の接着とその剥離界面分析
 ○中川 哲哉、西野 実沙、貝原 大介、遠藤 勝義、山村 和也、大久保 雄司(大阪大学)
⑪プラズマ処理による銀膜/フッ素樹脂の接着性向上とその剥離界面分析
 ○西野 実沙1、上原 剛2、大下 貴也2、中川 哲哉1、貝原 大介1、遠藤 勝義1、
  山村 和也1、大久保 雄司1(1大阪大学、2積水化学工業(株))
⑫ポリプロピレン/オレフィンエラストマー接着界面の熱処理過程での構造変化
 〇土井一輝、松本拓也、西野 孝(神戸大学)
⑬臨界二酸化炭素中での変性によるポリビニルブチラールフィルムの作製とガラス接着性
 〇依藤 雅、松本拓也、西野 孝(神戸大学)
⑭接着界面科学研究会の活動概要
 〇接着界面科学研究会運営委員会

11:30~13:00 昼食 (ポスター展示準備)
13:00~14:00 高分子系複合材料における界面と接着
                   東京工業大学 扇澤 敏明氏
         高分子とフィラー間の界面に焦点をあて、界面の構造やそこでの
        高分子の状態を評価する手法について概説し、界面がどのように
        材料物性に影響するかについて示す。

14:00~15:00 高分子表面・界面における分子鎖の凝集状態とダイナミクス
                         九州大学 田中 敬二氏
         材料表面・界面のエネルギー状態は内部と比較して異なる。
        高分子材料も例外でなく、その表面・界面に存在する分子鎖は
        特異なコンフォメーションとダイナミクスを示す。
        本講演では、表面、液体および固体界面における高分子の
        振舞いを上記の観点から議論する。

15:00~16:00 高分子界面・相分離を対象とした粗視化シミュレーション
               産業技術総合研究所 青柳 岳司氏
         計算機シミュレーションにより高分子材料の高次構造や特性を
        扱う際に必要となる粗視化モデルの考え方と、高分子ブレンド界面、
        ブロックコポリマーのミクロ相分離構造などへの適用事例に関して紹介する。
        
16:10~17:00 ポスター発表(フリーディスカッション)
17:10~18:30 懇親会

参加費(懇親会費込み): 接着界面科学研究会員:無料
           日本接着学会会員:10000円、非会員:18000円、学生:2000円(いずれも消費税込み)
申込締切日:令和元年10月21日(月)
申込方法:下記「セミナー申し込みフォームはこちら」をクリックして頂き順次ご入力下さい。
     接着界面科学研究会会員は備考欄に会員と明記下さい。
支払方法:銀行振込でお願いします。
     振込先 三菱UFJ銀行 難波支店
         口座番号 普通3790895
         口座名義 日本接着学会事業委員会
     *振込手数料は貴社にてご負担下さい。
     *一度入金された参加費は返金致しかねますので、あらかじめご了承下さい。 

問合せ先:一般社団法人日本接着学会「接着界面科学研究会PartⅥ第7回例会」係
     〒556-0011 大阪市浪速区難波中3丁目9-1(難波ビルディング)
     TEL 06-6634-8866 FAX 06-6634-8867
     E-mail info-hnb@adhesion.or.jp


----------------------------------------------
*接着界面科学研究会は年4回講演会(内1回見学会)を開催する研究会です。
 研究会会員登録をご希望の場合は上記問合せ先にお問い合わせ下さい。
【年会費】(年4回例会開催)第7回例会から参加の場合残り2回の為下記金額の半額となります。
 法人会員          年額50,000円(消費税込)(特別優待券使用の場合半額)
 法人非会員         年額90,000円(消費税込)
 個人正会員 企業      年額25,000円(消費税込)
 個人正会員 大学・公共機関 年額 8,000円(消費税込)
 個人非会員         年額50,000円(消費税込)

日 時 開催日 2019年11月11日(月)10:55~17:00
会 場 積水化学工業株式会社京都研修センター 1F大セミナー室
京都市南区上鳥羽上調子町2-2

セミナー申し込みフォームへ

セミナー情報