年会・セミナー情報 詳細

接着界面科学研究会PartⅥ第8回例会

 今回の接着界面科学研究会例会では、微粒子・コロイドの表面科学の基礎・現象に着目し、界面動電現象や機能化に関する講演会を企画しました。
講師として、本分野でご活躍されている大島先生(東京理科大学)、鈴木先生(信州大学)をお招きし、ご講演いただきます。
お申し込みは3月3日(火)までに下記「申し込みフォーム」をクリックして頂き順次ご入力下さい。

13:00~13:10 はじめに(委員長挨拶) 古河電気工業㈱ 加納 義久

13:10~14:40「微粒子表面科学の基礎および界面動電現象について
         東京理科大学名誉教授 薬学部嘱託教授 大島 広行 氏
 疎水性の高い表面をもつ微粒子の集団を水中に分散させると、系全体のもつ大きな表面積のために系は凝集する。粒子表面を帯電させると系の凝集が抑えられ分散性が上げる。粒子表面の帯電の度合い(ゼータ電位)は界面動電現象(電場や重力場中での帯電粒子の運動)に基づいて評価される。本講演では剛体粒子および表面を高分子電解質で覆われた粒子“柔らかい粒子“の表面科学の基礎と界面動電現象について述べる。

14:50~16:20「微粒子に特異的な界面現象のご紹介とその現象を用いた制御や機能について」
         信州大学 繊維学部准教授 鈴木 大介 氏
 ゲル微粒子は、水で膨潤した三次元網目構造を有するコロイド粒子である。そのため、やわらかく、ポリスチレンやシリカ等の固体粒子とは異なるミクロ挙動を示す。本講演では、演者らが行ってきたゲル微粒子研究の内、界面における振舞いとその制御による機能化例を概説する。

16:20~17:00 話題提供「未定」
                  

研究会会員は下記「セミナー申し込みフォームはこちら」の「研究会会員」のボタンをクリックして下さい。
まだ、研究会にご登録されていない方は、「法人会員」、「個人会員」、「非会員」のいずれかの
ボタンをクリックして順次お進み下さい。

【年会費】(年4回例会開催 第7回から参加の場合は半期分となり、下記より半額となります。)
 法人会員          年額50,000円(消費税込)(特別優待券使用の場合半額)
 法人非会員         年額90,000円(消費税込)
 個人正会員 企業      年額25,000円(消費税込)
 個人正会員 大学・公共機関 年額 8,000円(消費税込)
 個人非会員         年額50,000円(消費税込)

  とし、原則として一括払いとする。
  なお、法人会員(特別・維持・賛助)からの本会「催し物特別優待券」を使用してのお申込の場合は、
  1社(1事業所)1枚につき半額とさせて頂きますので申込書に添付の上お申込下さい。
  また、個人正会員(企業)としてお申込の場合は「催し物特別優待券」の使用は出来ません。

詳しくは「接着界面科学研究会PartⅥ後期開催のご案内」をご参照の上、
お申し込み頂きますようお願い申し上げます。

事務局へのお問い合せ:info-skk@adhesion.or.jp

日 時 2020年3月18日(水)13:00~17:00
会 場 積水化学工業株式会社 京都研修センター セミナー室
京都市南区上鳥羽上調子町2-2 
http://www.sekisui.co.jp/kyoto/

セミナー申し込みフォームへ

セミナー情報