年会・セミナー情報 詳細

西部支部若手主催講演会

西部支部主催の講演会を企画しました。高分子界面、エマルション、ゲルといった多岐にわたる接着科学、工学に関連する講演となっております。皆様、奮ってご参加ください。

13:00〜13:10 開催の挨拶                西部支部長 高原 淳 氏(九州大学)

13:10〜14:10 「高分子の界面特性における分子鎖凝集状態の影響」
                                  織田 ゆか里 氏(九州大学)
         高分子の設計に基づき、水環境下において生体成分の付着を抑制する界面を構築した。
         また、原子間力顕微鏡観察に基づき、固体基板上に吸着した孤立分子鎖の形態が熱処理
         とともに変化することを明らかとした。高分子の水界面特性や接着挙動における分子鎖
         凝集状態の影響について研究成果を紹介する。

14:20〜15:20 「エマルション技術を利用した機能性高分子微粒子の合成」
                                  河村 暁文 氏(関西大学)
         高分子微粒子は,塗料や接着剤,医療材料など,さまざまな応用が展開されています。
         特に外部刺激に応答する刺激応答性高分子微粒子は,調光材料やドラッグデリバリーシ
         ステムなど,さまざまなスマート材料への展開が期待されています。本講演では,ソー
         プフリー乳化重合を利用した刺激応答性高分子微粒子や,水溶性乳化剤を用いて調製し
         たエマルションを利用した刺激応答性高分子微粒子や中空微粒子について紹介いたしま
         す。

15:30〜16:30 「強靭性と復元性を兼ね備えた高強度ゲル」
                                  眞弓 皓一 氏(東京大学)
         本発表では、高強度ゲル開発の20年の歴史を振り返り、代表的な高強度ゲルとして、
         可逆架橋を有する自己修復性ゲル、環状分子で架橋された環動ゲルの強靭化メカニズム
         について説明する。また、我々の最近の成果として、可逆な伸長誘起結晶化による自己
         補強ゲルの開発について紹介する。自己補強ゲルは、従来の高強度ゲルでは不可能であ
         った強靭性と復元性を両立した世界初の高強度ゲルであり、人工靭帯などへの応用が期
         待されている。

参加費  無料
申込方法 セミナー申込フォームよりお申し込み下さい。
     受付後、受付完了のメールが配信されます。また、オンライン参加のアドレス等は別途メール
     させていただきます。
連絡先  九州大学大学院工学研究院 応用化学部門(機能) 田中研究室 山口みなみ
     〒819-0395 福岡市西区元岡744
     Tel: 092-802-2878 E-mail: info-sib@adhesion.or.jp

日 時 2021年11月12日(金)13:00〜16:30
会 場 オンライン開催(ZOOM)

セミナー申し込みフォームへ

セミナー情報