西支部

2022年度関西接着ワークショップ 第4回研究会 『接着に関連する試験分析の基礎と最新動向』

日時
2023年2月8日(水) 13 時30分より16時45分まで
(13:15よりミーティングオープン)
会場
オンライン形式(Zoomを使用)

趣旨

日本接着学会関西支部では、粘接着、表面・界面、複合化に関わる科学と技術を基礎から応用までしっかりと見据え、会員間で関連技術の情報交換を行い、さらには開発現場で皆様が抱えておられる課題解決に向けた議論の場を提供することを目的として、2013年度から『関西接着ワークショップ』を開催しています。本ワークショップでは、粘・接着剤に関連する様々な技術について、基礎から応用、最先端のトピックスに至るまでの様々な情報を提供しています。今年度の「関西接着ワークショップ」第4回研究会では、『接着に関連する試験分析の基礎と最新動向』と題し、接着や粘着、それらに関連する物性の試験・分析方法に関して紹介して頂きます。今回の講演では、材料試験・表面分析・熱分析に着目し、それぞれの装置メーカーの先生よりご講演頂きます。どうぞ奮ってご参加ください。


プログラム

● 13 時30分~14時30 分 [講演1]

プラスチック引張試験、曲げ試験規格について(ISOとJISについて)(仮)

西村 司先生 (株式会社島津製作所 分析計測事業部 Solutions COE マテリアル_インフラストラクチャーソリューションユニット インスツルメンツエキスパートG)             
●14 時30 分~15 時30分 [講演2]
「XPSにおける接着表面・界面の最新解析事例」

星 孝弘先生 (アルバック・ファイ株式会社 製品戦略部 製品企画室)

  (15:30-15:45 休憩)
● 15 時45 分~16時45 分 [講演3]

「示差走査熱量測定(DSC)の基礎と接着剤への応用」

高橋 秀裕先生 (株式会社日立ハイテクサイエンス アプリケーション開発センタ 大阪応用技術課 課長)


年会費(参加費)について

研究会員としてすでにご登録されている方は無料です。
下記参加申込みの研究会会員0円を選択してください。

【第4回研究会から参加の方】
関西接着ワークショップは、年4回講演会を開催する研究会です。会費は年会費になります。

*個人会員

 ・年間参加費は4,000円/年で個人登録。個人登録なので代理参加は認めない。会員登録資格は日本接着学会会員であること(法人会員の企業所属者も可)とする。

*法人会員

 ・年間参加費は16,000円/年で「関西接着ワークショップ」開催の研究会に各回3名まで参加できる。登録者以外の代理参加も可能。
*非会員
 ・年会費はありません。1回8,000円でその回のみ参加可。

 

振込先

三菱UFJ銀行 大阪恵美須支店 普通0049425 
一般社団法人 日本接着学会関西支部(イッパンシャダンホウジン ニホンセッチャクガッカイ カンサイシブ)

*手数料は貴社にてご負担下さい。
*一旦入金された会費は返金が出来ませんので、ご了承のほどお願い申し上げます。

 

参加申込みはこちら

研究会会員はご面倒ですが下記から研究会会員0円を選択して入力してください。正会員を選択すると再度会費が発生しますのでご注意ください。

研究会会員・特別会員・維持会員・賛助会員・非会員

 

正会員

問い合わせ先

講演内容についての問い合わせ先:

本田 幸司 兵庫県立工業技術センター 材料・分析技術部 化学材料グループ

Tel: 078-731-4033(代表), Fax: 078-735-7845,E-mail: honda@hyogo-kg.jp

 

年会費についての問い合わせ先:

一般社団法人日本接着学会 関西支部事務局 柴崎

TEL06-6634-8866FAX06-6634-8867 email:info-hnb@adhesion.or.jp

トップページへ戻る