着研究会

第181回例会・粘着研究会40周年記念セミナー

日時
2022年3月24日(木)・25日(金) 24日:13:00~17:10、25日:9:00〜12:00
会場
オンライン開催
粘着研究会第181回(3月度)例会
粘着研究会40周年記念セミナー
(一社)日本接着学会 粘着研究会 会長 竹村彰夫

 粘着研究会第181回例会は、粘着研究会40周年の記念セミナーと共催します。本記念セミナーは、粘着専門委員会を経ての粘着研究会が40周年を迎えるにあたり、粘着に関するこれまでの研究活動を振り返り、基礎から産業応用に至る幅広い分野の技術動向に関する認識を共有することを主旨として企画しました。また、粘着研究の未来像を議論し、粘着研究会のあるべき姿を探りたいと考えております。粘着分野に関係する研究者、技術者が参加され、更なる発展や研究者相互の交流を深める良い機会になることを願って、本セミナーを企画いたしました。ご案内旁々,多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます。
敬具  
 

プログラム

2022年3月24日(木) セッション1(粘着研究会の歩み、粘着の基礎とメカニズムの先端研究) 
 
13:00~13:30 講演① 粘着專門委員会の発足から粘着研究会の今日まで(仮題) 齋藤技術士事務所 齋藤隆則 氏 
13:30~14:00 講演② ゴムへの微粒子付着・沈降挙動と粘着機構 東京工業大学 扇澤敏明 氏
14:00~14:30 講演③ ソフトマターの界面化学特性 -ぬれ性視点のSurface Dynamics- 岐阜大学 高橋紳矢 氏
14:30〜15:00 講演④ 原子間力顕微鏡で切り拓くナノ物性可視化の現状と展望 東京工業大学 中嶋 健 氏
15:00〜15:20 休憩
15:20〜15:50 講演⑤ シミュレーションで観る接着界面の相互作用と分子の動き(仮題) 日東電工(株) 島津 彰 氏
15:50〜16:30 基調講演① マクロメートルオーダーでの界面とバルクの違いによる粘着性 東京大学 竹村 彰夫 氏
16:30〜17:10 基調講演② Sustainable Technology for Adhesive Tapes tesa SE Dr. Chen Xiaobo, Mr. Renke Bargmann, Mr. Jochen Staehr
 
2022年3月25日(金) セッション1(粘着研究会の歩み、粘着の基礎とメカニズムの先端研究) 
 
9:00〜9:40 基調講演③ Modeling and Simulation of Pressure Sensitive Adhesives University of Patras Prof. Yannis Dimakopoulos
*事前にライブ配信を予定しておりますので、粘着研究会会員にはアクセスIDをお送りする予定です。
9:40〜10:20 基調講演④ 粘着研究会における産学協同研究の歩みと今後の期待 明治大学  宮城 善一 氏
9:40〜10:20 休憩

2022年3月25日(金) セッション2(未来へ向けた粘着・接着技術の展望)
10:30-11:00 講演⑥ 界面制御に基づく革新的接着技術の構築を目指して 九州大学 田中 敬二 氏
11:00-11:30 講演⑦ 複雑系科学としての粘着:その可能性と展望 早稲田大学 山崎 義弘 氏
11:30-12:00 講演⑧ 粘着研究会産学協同研究第4グループの活動概要と意義・展望 (株)倉本産業 渡部 翔 氏
 

参加費

 
粘着研究会員
無料
日本接着学会:正会員
10,000円
非学生
18,000円
学生
2,000円
 

申込方法

以下のフォームからお申し込みください。

セミナー申し込みはこちら

 

問い合わせ先

東京大学 大学院農学生命科学研究科 生物材料科学専攻 生物素材科学研究室内
日本接着学会粘着研究会
〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1
E-mail:psa@adhesion-psa.sakura.ne.jp
注意点:本例会(シンポジウム)で使用される配信動画は著作物であり、録音・録画を禁止いたします。
 

セミナー申し込みはこちら

トップページへ戻る