活動内容

当会は本部(事務局:大阪)関西支部・関東支部・中部支部・東北支部により構成され、次のような活動を行っている。

1. 年次大会(通常6月20日~30日の間の2日間の開催)
研究・討論発表・特別講演・受賞講演
2. 日本接着学会誌の発行(創刊1965年、月刊誌)
The Journal of Adhesion(アメリカ)と相互交流により、本誌の論文テーマ・アブストラクト、また、本文についても相互掲載が可能になっております。本誌の内容水準は国内もさることながら海外での評価は大きいものがあります。
3. 接着の技術誌(創刊1981年(年2冊)、1991年より四季刊)
接着剤・粘着剤・シーリング材などの応用技術を取り上げ、ユーザーやメーカーの営業関係の方々にも読んで頂くよう編集され、好評を頂いております。
4. その他の刊行物
接着ハンドブック 学会編(日刊工業新聞社発行)
接着データブック 学会編(日刊工業新聞社発行)
新しい機能性高分子の分子設計 学会編(シーエムシー発行)
初心者のための接着技術読本(日刊工業新聞社発行)
5. 月例講演会・学術講演会・見学会・セミナーなどを東北・関東・中部・関西の各支部で開催
6. 表彰事業(学会賞、技術賞、進歩賞、功績賞、奨励賞、論文賞)
(学会誌9月号に一般公募を掲載)
7. 国際交流委員会
アメリカ、ヨーロッパ、中国など技術交流視察団を派遣し、海外の大学・企業の第一線で活躍中の技術者との相互講演会の開催や海外の技術者招聘講演など、また、国際会議の開催などの事業。
8. 研究委員会として、それぞれ構造接着研究委員会、粘着研究会など専門分野での活動があります。

学会概要